好きな男性とのデートのとき、緊張して上手く話せなかったりふと黙ってしまたりしたことはありませんか。

そんなデートの帰り道では「もうダメだ、脈なしになっちゃった」なんて思う女性もいるかもしれません。

だけど、そこで諦めないで。まだ挽回のチャンスはありますし、男性との話もちょっとしたコツが分かれば思った以上に盛り上がるかもしれないですよ。

そこで今回は「男性と楽しく会話するためのコツ」を紹介します。

好きな人との距離が縮まる!男性と楽しく会話するためのコツ4つ

1.目の前にあるものの話をする

なにを話せばいいの?と考えてしまうときは、「いま2人の目の前にあるもの」から話題を広げていくのがおすすめです。

相手のことを知りたいもしくは自分を知ってもらいたいからと個人的な話をしてしまいがちですが、これは2人の距離を遠くさせるかもしれません。

「あなたのことを知りたい」とアピールしすぎるのは、「あなたのことはまだ知らない」ということを意識させてしまいます。

同じものを見てその話題を楽しむことで、すでに親しいかのような雰囲気を出せるといいですね。

2.彼のことを掘り下げる

目の前にあるものや起きていることに絡めて彼へ質問できると、話をよく聞いているアピールになります。

たとえば彼が「いまかかってる曲好きなんだ」と言ったら「私も好き!こういうジャンルの曲で、ほかにおすすめある?」などと質問してみましょう。

また個人的な質問をするより、見ているものから会話を展開させることで、ガツガツと踏み込んだ印象を与えることもないはずです。

3.触れてはいけない話題を知る

3.触れてはいけない話題を知る

触れたほうが盛り上がる話題と触れてはいけない話題を、頭に置いておくのも大切なこと。

「会話がつづかない!」と焦って変えた話題が2人の間を気まずくするようでは、悔やんでも悔やみきれません。

デートでこんな話をするひとはいないとは思いますが、人の悪口や愚痴は言わないように。過去の恋愛の話題も、自分からはしないほうでいいでしょう。

また、相手が自慢に思うことや思わないことによって、話の切り口は変わります。

たとえば車に関心が低い彼に「車は詳しくないから、乗れればいいんだ」と言えば彼も同じような気持ちになってホッとするかもしれません。

しかし車にこだわりのある男性に「車はどうでもいい」と言えば、彼のテンションは下がるでしょう。

相手の趣味や考え方をよく理解しておくといいですね。

4.お互い沈黙しているときも楽しむ

デートはお互いのことを知る場ですが、常になにか話をしないといけない訳ではありません。

盛り上がっていないのに無理に会話をつづけようとすると、触れなくていい話題を掘り下げてしまったり自分の情報を出しすぎたりと、いいことは少ないかも。

女性が焦って会話を提供しようとがんばりすぎることで、彼にとってあなたは「おもてなし」の必要のない存在になることだってあります。

ですので、しゃべりすぎは要注意です。

男女の仲が進展するのはどんなときか考えてみて。ガンガン話しているときではなく、ふと訪れた沈黙のなかということだってあるでしょう。

2人の間の沈黙は、恋愛ムードに切り替わるチャンスだと言えます。

ドキドキ感を楽しんで

仲のいい友達や家族以外と話すことは、誰にとってもそれなりに難しいもの。

でも、「なにを話そうかな?」というドキドキ感は好きな人相手だからこそ感じることでもあります。

ドキドキ感も楽しみつつ、会話をつづける練習をしてみましょう!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)