壁がある女性は、男性を遠ざけてしまいます。

無意識に近づきにくい雰囲気を出していることもあるので、自分の言動をきちんと知ることが大切。

そこで今回は、男性に壁が壁を感じる女性の特徴を紹介します。

なんか近づきにくい…男性が壁を感じる女性の特徴とは?

自分から話しかけない

会話をする機会が増えれば、自然と距離が縮まり異性として意識しやすくなります。

ただ、女性の方から話しかけたり近づいてきたりしないと、男性は壁を感じてしまうはず。

好きな人にはなかなか近づけないものですが、たまにはあなたから話しかけないと彼との間に距離ができてしまいます。

男性が話しかけてくれるのを待っているだけでは、いつか他の女性に取られてしまいますよ。

プライベートの話をしない

プライベートや好きなもの、ハマっているものを一切話してくれないと、人は壁を感じるもの。

仕事上の関係と線引きをされている気分にもなるので、男性はそれ以上は踏み込めなくなるでしょう。

「私の話なんてつまらないし……」と思っているのかもしれませんが、そのままでは興味すら持ってもらえなくなる可能性も。

自分の話も少しはした方が、男性も心を開いてくれていると感じるはずですよ。

表情が変わらない

気になる男性と接しているときは、もちろんドキドキするでしょう。

緊張が高まれば高まるほど、表情が堅くなったり接し方がぎこちなくなったりするかもしれません。

それは好きだからこそでしょうが、男性は「俺に興味がないんだろうな」と思ってしまう可能性の方が高いです。

好きな男性の前では、なるべく笑顔を心がけてみてくださいね。

私、人見知りなんだ…

人見知りは距離を縮めるのに時間がかかるため、壁を感じられやすい性格。

それは仕方ないことですが、過度な人見知りアピールは男性を遠ざける原因になってしまいます。

また、「私、人見知りなんだ」や「人見知りだから人付き合いが苦手なの」などと言われると、男性は拒絶されている印象を持ちやすいです。

たとえ人見知りであっても、自分から頑張って話しかける姿の方が男性は可愛らしいと感じるものですよ。

自分から行動してみよう

女性に壁を感じると、男性は興味を持っていても距離を縮めることができません。

それだとせっかくの恋愛チャンスを逃すことにもなりかねないので、普段の行動から改善してみることも必要かもしれませんね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)