誰かのことを好きになると、自分の思いのままに行動してしまいがち……。

でも、男性によっては少し面倒だったり重かったりすることも。

これをやめればもっと愛されるのに……という言動を12星座別に占います。

まずは前編として、おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)からおとめ座(8月23日~9月22日生まれ)までのご紹介です。

彼にもっと愛されたい!と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

【前編】女性の星座別!「これ」をやめたらもっと愛されることとは

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

【気まぐれを抑えてつつましく】

基本的にワガママで、激しいペースでテンションを上げ下げするところがあるおひつじ座女性。

恋愛も同じで、「ステキ~!」と言っていたのに、しばらくすると悪口を言っていたり……。

男性も「近寄ると痛い目にあいそう」と、および腰になってしまうかも。

気まぐれを抑えてつつましくすれば、明るさが際立ち、愛されるでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

【ベタベタや束縛はほどほどに】

おうし座の女性は恋愛に重きを置き、気に入った人には執着しがち。

ちょっと仲良くなると、独占欲も出てきます。

やたらベタベタするし、行動はチェックするしで、男性は疲れてしまいそう。

束縛をほどほどに心がけると、癒やしスキルがちゃんと彼に伝わるでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

【恋の駆け引きをしすぎないように】

ふたご座の女性は、おしゃべりが大好きなタイプが多いです。

恋愛では、明るく愛される女性なのです。

でも、相手が好きな男性であればあるほど、おしゃべりが駆け引きになりがち。

しかも駆け引き自体が好きなものだから、やりすぎて男性は付いていけなくなってしまう可能性も。

自分ばかりが話すのではなく、彼の話もちゃんと聞くように心がければ、さらに愛されるでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

【尽くしすぎはNG。タイミングを見計らって】

とくに男性の面倒をよく見るかに座の女性。

お母さん的なおせっかいをやいて、うっとうしいと思われがち。

ここまでならまだ愛されの範疇ですが、尽くしが過ぎるとお手伝いさん扱いされてしまう危険性も……。

状況をよく見て、手を差し伸べるタイミングを見計らって。

彼が困っていたり、弱っていたり……そんなときに力になってあげましょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

【上からな態度はやめて謙虚に】

ひたすら上から目線なことが多い、しし座の女性。

男性にはあまりやらないとはいえ、日常会話のなかで無意識に見下してしまうことが……。

しかも言い方がキツく、男性のプライドにぐっさり刺さりかねません。

話すときは、とにかく上からにならないよう謙虚さを心がければ、もっと愛されるはず!

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

【マジメすぎる態度をやめ、ゆるく!】

おとめ座の女性は、マジメで完璧主義な傾向があります。

なぜなら、自分に自信がなく、それを隠すためにがんばっているから。

でも、あまりにもきちんとしすぎていて、男性は気が休まらないかも。

肩の力を抜いて、もっとゆるく生活しましょう。

くわえて、自信のない本当の自分もオープンにするとなおよし、です。

当てはまることがなかったかチェック!

この占い結果、冷静になればわかるようなことばかりかも。

でも、恋に夢中だと、なかなか気づかないことでもあります。

彼の気持ちが離れる前に、気が付けてラッキー!と思えればいいですね。

さっそく注意してみてくださいね。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)