好きな人ができると、もっと好かれたくて自分の思いのままに行動してしまいがち……。

でも、男性からすると少し面倒だったり重かったりすることも。

そこで今回は、これをやめればもっと愛されるのに……という言動を12星座別に占います。

前編に引き続き、後編として、てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)からうお座(2月19日~3月20日生まれ)のご紹介です。

彼にもっと愛されたい!と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

【後編】女性の星座別!「これ」をやめたらもっと愛されることとは

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【見た目を重視しすぎず、口出しもやめて】

エレガンスを心がけていることが多いてんびん座の女性。

自分だけでなく、男性にもそれを求めがち。

はじめのうちは彼も言わないけれど、ファッションやヘアスタイル、使うアイテムにだんだんとうるさくなり、やがてうんざりしてしまうでしょう。

自分のセンスを押し付けず、軽いアドバイスくらいにすると愛されるはず。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【愛の勢いを少し弱め、ゆっくりと】

さそり座の女性の多くは、「この人」と心に決めると、深く濃い愛をバンバン注ぎます。

彼への愛情が深まるほどに、彼からの愛情も深いモノを求めるように……。

けれど、その要求に付いていけない男性が続出。

愛の勢いを少し弱め、徐々に注ぐようにすると、男性の方も対応できそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【自分だけでなく彼のことも考えて】

いて座の女性には、「好き!付き合う?やったー!」と、超単純三段論法で恋愛を楽しむ、おおらかな傾向があります。

深く知り合わなくても「好き」という気持ちだけで動くことも。

本人はものすごく幸せだけれど、男性の方は「ほんとに俺のこと好きなの?」と不安になりがち。

彼のことについて、もっといろいろ知りたい!教えて!と、聞いてあげれば解決するでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【私の気持ちを察して、ではなく本心を伝えて】

やぎ座の女性はやや堅物なところがあり、クールな態度で恋愛をしようとするところがあります。

けれど、じつは「私だけを見つめてほしい」とメランコリックな本心を持っている一面も。

よって、「私の心をわかって!」と、察してちゃんになり、男性も面倒くさくなりがち。

シンプルに本心を言えば、愛されるでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【サッパリしすぎな態度を改め、気配りを】

恋人も友だちも気になる彼も、基本的には同等に扱うのが、みずがめ座の女性が持つ特徴のひとつです。

あまりにもサッパリした態度に、男性が「俺って友だち以下?」と思ってしまうのも無理はありません。

意識して彼へと心を配り、気遣いをしましょう。

そうすれば、もっと愛されるはず。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【彼への依存はほどほどに。自分でも考えて】

甘え気質なところがあるうお座の女性。

男性から「君のことを気に入っている」というリアクションがあると、甘えようという心がむくむくとわき上がってきがち。

とはいえ、甘えを通り越して、ちょっとしたことでも依存しはじめると、頼られ好きの男性もさすがに面倒に。

自分で考えるくせをつければ、逃げられずに、もっと愛されるでしょう。

愛される女性を目指して

この占い結果、冷静になればわかるようなことばかりかもしれません。

でも、恋に夢中だと、なかなか気づかないことでもありますよね。

彼の気持ちが離れる前に、気が付けてラッキーではないでしょうか。

さっそく注意してみてくださいね。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)