男性が口々に「あのコは美人」という人がいます。

そんな女子を彼女に持つ男性は、「俺の彼女、いいでしょ」と嬉しそう。でも、女子から見れば彼女たちは「ブスじゃないけど、普通じゃない?」と思うことも。

女子の思う顔立ちのキレイさとは別に、男性が女性を「美人!」と思うポイントがあるのかもしれません。

そこで今回は、美人じゃないけど「美人に見える人」の特徴をご紹介します。

男性が夢中になる!美人じゃないのに「美人に見える人」の特徴

周りが美人扱いする

「子供の頃に美人扱いされてた子って、大人になっても憧れの美人っていうイメージが強いかも。
そういう子の周りの女友達も大抵美人だから、イメージが染み付いてるのかな」(30歳男性/営業)

子供の頃の美人なイメージが強い女性は、大人になっても美人扱いされやすい傾向にあります。

また、美人扱いをされていたときの女友達も大抵美人であることから、キラキラした印象はなかなか抜けません。

子供の頃に特別扱いされたタイプの女性は、振る舞いも自信ありげな印象。

自虐するのではなく、自信のある態度も美人に見える要因かもしれません。

ナチュラルな髪型

「普通の髪型の人の方が美人に感じるかも。
個性的な髪型だと、せっかくの美人もクセの強さに目がいっちゃうんだよね」(28歳男性/デザイナー)

顔はそこそこかわいいのに、髪型が個性的だと男性は近寄りがたく感じてしまう可能性も。

髪に関しては、手入れの行き届いた髪で作る普通のスタイルが一番美人見えするよう。

また、男性は「ショートが似合うのは本物美人」と思い込んでいますが、首が長めで耳たぶからアゴまでの距離が短い人なら割と誰でも似合う髪型。

思い込みを逆手に取って「あのコは美人」と思わせられるかもしれないので、試してみるのもおすすめです。

スタイルや姿勢がよい

「スラッとしたスタイルや姿勢がいい子って美人に見えるかも。
なんとなく育ちまでよく見えたりして。高嶺の花っぽくて、ちょっと憧れるところもあるよね」(27歳男性/教師)

雰囲気美人という言葉もありますが、男性の目からは「雰囲気が美しい」=「美人」であることも。

顔だけがキレイな人は近くで見ないと美人かどうか判断がつきませんが、姿勢が美しい人は、遠くから見てもキレイですよね。

姿勢やスタイルを良くして、美人になりきるのもおすすめです。

雰囲気美人を目指そう

なんとなく、美人に「見える」。男性が見ているのは実はほぼ雰囲気だけかもしれません。

本当に美人でなくても、美人な雰囲気を出せればこっちのもの。

雰囲気美人のマネをして、男性に美人に思われるように努力してみましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)