幸せ絶頂の結婚式が終わると、待ちに待った彼とのラブラブな新婚生活がはじまるはず。

そんな日々も少しずつ落ち着いてくると、夫となった彼が変わってしまうかもしれません。

「結婚すると彼の態度が変わった」なんて話はよく聞くはずです。

今回は、男性の12星座別に、結婚後、妻に対してどういう態度になるのかを占います。

まずは前編、おひつじ座~おとめ座までを紹介します!

【前編】男性の星座で占う!彼の「結婚後の姿」とは

おひつじ座の彼(3月21日~4月19日生まれ)

【亭主関白な夫になりやすい】

おひつじ座の彼は、結婚後も友達との付き合いが多く、休日は遊びの予定でいっぱいになるでしょう。

妻にも「一緒に来る?」と誘ってくれますが、付いてこないならほったらかして出かけてしまうみたい。

結婚前は優しくしても、結婚後は亭主関白な夫になる可能性が高いです。

亭主関白になることを理解してあげられないと、ケンカが増えるかもしれませんね。

おうし座の彼(4月20日~5月20日生まれ)

【妻をシビアにジャッジ】

安定志向で結婚願望が強く、一家の大黒柱として頼れる夫になれるのはおうし座の特徴のようです。

子煩悩でもあるでしょう。

ただ、結婚後は、妻のお金の使い方や家事のやり方に関してシビアにジャッジしがち。

支配欲も露骨に出やすいようで、結婚生活が長くなるほどに、息が詰まるかもしれません。

うまく息抜きできるポイントを見つけておきましょう。

ふたご座の彼(5月21日~6月21日生まれ)

【独身気分が抜けない】

好奇心旺盛でモテるタイプのふたご座は、永遠のプレイボーイといえるでしょう。

結婚したからといって、突然家庭的になるわけではないようです。

結婚後も独身気分が抜けず、あなたに連絡も入れずに朝まで飲んだり、高価な趣味のモノを勝手に買ったりしがち……。

ふたご座の彼と添い遂げると決めたのであれば、彼のプレイボーイな性格からは目をつむる必要があるでしょう。

かに座の彼(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の彼(6月22日~7月22日生まれ)

【甘えたがる夫になりがち】

かに座の彼は、父性本能が強く、家族となった妻に深い愛情を注いでくれるでしょう。

家族団らんをしたがり、アットホームなパパを目指してくれるはず。

ただ、妻に対して過保護なほどに献身的な反面、妻に母性の役割も求めるようです。

ときに、小さな男の子のように甘えたがる夫になることもあるみたい。

そこを「可愛い」と受け取ることが大事かも。

しし座の彼(7月23日~8月22日生まれ)

【仕事を優先しがち】

しし座の男性は、家庭の方向性を決め、行動をリードする夫になってくれそうです。

大黒柱としてしっかり稼ぎますが、上昇志向が強いので仕事を優先しがちに……。

遅くまで起きて妻が待っていようとも、仕事優先が当たり前になってしまうかもしれません。

結婚前より、結婚後の方が寂しい思いをするかもしれませんが、「稼いでくれているから」と割り切っておきましょう。

おとめ座の彼(8月23日~9月22日生まれ)

【細かさが多岐にわたる】

おとめ座の彼の几帳面で神経質な性格は、結婚後も家庭で発揮されるでしょう。

掃除の仕方や家電の使い方など、細かさは多岐にわたりがち。

妻に気は遣うので、同じようにやれと言いはしないのですが、一緒に暮らしているのですから巻き込まれることもあるでしょう。

彼は「よかれ」と思って教えてくれるので、上手く流しながら「役立つ部分」だけを取り入れてみてください。

結婚前の見極めが肝心

結婚前と結婚後で、彼の態度が変わることは少なくないようです。

あなたはどんな旦那様が理想でしょう。

結婚前に本質を見極めることは、とても大切になるはずです。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の彼の「結婚後の姿」とは