好きな人の前でいい人キャラを演じているうちに、気がついたら友達に落ち着いていた……なんてことはありませんか?

彼の恋愛を応援する側にまわってしまったり、恋愛相談をされたりして自分の恋は上手くいかないのは悲しいですよね。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

今回はそんな人のために「女友達が恋愛対象になった瞬間」について、男性の実際の声をご紹介します。

恋愛対象になる!男性が「女友達を意識する瞬間」4選

恋愛相談に乗っていて

「女友達の恋愛相談に乗っているうちに徐々に好きになっていっちゃいましたね。
女の涙っていうのは相談のときにも武器になるんですよ」(28歳男性/研究職)

恋愛相談に乗っているうちに彼女の恋愛がもどかしく思えてきて「自分だったら幸せにできるのにな」という気持ちになっていくようです。

「なんで私はうまくいかないんだろう」と一筋の涙がほほを伝っていく……。

その姿に胸騒ぎを覚えて「俺にしちゃいなよ!」と言いたくなるのだとか。

突然のイメチェンで

「女性って突然のイメチェンでガラッと雰囲気変わったりしますよね。
今までは『ないな』と思っていたのに、急にかわいくなって男たちがざわついたことがあるよ」(30歳男性/記者)

同窓会などで、女性はまるで別人のように可愛くなって現れるなんてことがあります。

ロングの髪をバッサリ切ってショートにした。メガネを外してコンタクトに変えた。

それだけで男性からの見る目が変わって、デートの誘いを受けることもあるようです。

相手の好意に気づいて

「やっぱり相手の好意に気づいたときですかね。
『あの子がかっこいいって言ってたよ』とか言われるとやっぱり意識しちゃいます」(32歳男性/トレーナー)

ポイントは他人から聞かされた情報であることのようです。

その方が思いを募らせている雰囲気が伝わり、男性の心を動かしやすい傾向があるようですね。

本人から直接伝えるよりも、友達に伝えてもらうといいかもしれません。

あなたも恋愛対象に…

今回は女友達が恋愛対象に変わった瞬間を紹介しました。

意外と簡単なポイントばかりでしたね。

相談のネタがない場合は、「実は好きな人がいてなかなか振り向いてもらえない」とその相談を本人に持ちかけるといったテクニックもあります。

友達になってしまって上手くアプローチできないと悩んでいる方、ぜひ実践してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)