大好きな彼氏とケンカ……仲直りしたいけど、うまくいかなったり余計にこじれたりしてしまわないか、不安に思うことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は彼氏とケンカしたときに「スムーズに仲直りできる方法」をご紹介します。

「彼と早くいつもの関係に戻りたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

彼とケンカしたとき、スムーズに仲直りするための方法

反省点も含めて謝る

もし、ケンカの原因が自分に非がある場合は、素直に謝りましょう。

そのうえで「なぜ自分がそんな態度をとったのか?」「原因は何だったのか?」など、ケンカになったときの自分の感情を包み隠さずに彼に伝えることが大切です。

なぜなら表面上仲直りしても、結局また同じことが原因でケンカになってしまう可能性が高いからです。

そして謝るときに、反省と改善点を含めるのがポイントです。

自分の言葉で上手くまとめられなければ、手紙やLINEで伝えても大丈夫です。

絶対にやってはいけないことは、人づてに謝罪をすること。

内容が正しく伝わらないこともありますし、誠意も伝わりづらくなるでしょう。

普段通りの行動を心がける

いくら相手が悪かったとしても、無視をしたりあからさまな怒りの態度を出したりするのはNGです。

どんなにイライラしていても、できるだけ冷静に、普段どおりの行動を心がけましょう。

「涙は女の武器」という考え方は、絶対にダメというわけではなありませんが、男性からみると反則技に近い印象を持たれるかもしれません。

彼との長い付き合いを望むのであれば、止めておいたほうが無難です。

ケンカの後は愛情を伝える

ケンカの後は愛情を伝える

ケンカをした後は、仲直りしたとしても多少はわだかまりが残るもの。

とくに遠距離恋愛やあまり会えないカップルでは、不安も大きくなりやすいのではないでしょうか。

そんなときは、ケンカの後でも彼への愛情が変わらないことをきちんと伝えましょう。

ここの注意点は、「まだ私のこと好きだよね?」「嫌いになってないよね?」と相手の気持ちを確認しないこと。無理に言わせた言葉には、なんの意味も愛情もないからです。

彼とケンカをしてしまったという事実は取り消せないのですから、その後の行動や言動で彼の愛情を取りもどすべきです。

ケンカのピンチをチャンスに!

ケンカの内容にもよりますが、「絶対に譲らない!」という頑なな態度はNGです。

彼と今後も付き合いを継続していくつもりがあれば、たとえ相手が悪かったとしても話し合いをして、相手の言い分も聞くべきです。

また、ケンカは彼との絆をより深めるためのチャンスでもあります。

きちんと、腹を割って話すことで、お互いのことをより深く知り合うことができるからです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)