彼氏にとっての一番の存在になりたいと考える人は、多いのではないでしょうか。

ですがそのように思っても、実際にどうすればいいのか分からない人も少ないないはず。

彼氏と付き合うなかで忘れてはいけないのが、ずばり「居心地のよさを感じてもらう」ことでしょう。

そこで今回は「居心地がいい彼女になるために欠かせないポイント」を紹介します。

男性から大切にされる!居心地がいい彼女になるために欠かせないポイント

さっぱりとした明るさ

男性から居心地がいいと好まれるのは、楽観的な女性。とにかく明るいことが重要でしょう。

純粋に、一緒にいて楽しいと思える人が、やっぱり交際相手や奥さんに選ばれるはず。

たとえば彼氏が仕事で大失敗したと落ち込んでも、深刻になりすぎずに「大丈夫よ。あなたならすぐに挽回できるから」と慰めてくれる人には男性もキュンとします。

ただ明るくうるさいだけではなく、さっぱりとした明るさが求められるでしょう。

寛容さ

居心地のいい女性は、ほんわかとしたのんびり屋だったり、寛容で小さなことは気にしないタイプだったりします。

男性に対していちいちダメ出しをしませんし、彼氏に適度な自由を与えつつ過度な束縛もしません。

また感情の起伏が緩やかで、やたらと泣いたり激怒したりもしないでしょう。

たとえ彼氏が、女友達と2人きりで飲みに出かけたとしても、怒りのままに怒鳴り込むことはないのです。

チクリと刺すにせよ静かな感情のまま。暴走しないので、やり方が上手だと言えます。

彼氏をウンザリさせずに、キチンと反省を促す器用さを持ち合わせているでしょう。

彼の心を癒やせる

男性が、一緒にいて居心地がいいと感じるのは、「素の自分を見せてもいいと思うほど信頼できる女性」であり、「心が癒やされる女性」です。

またそんなふうにリラックスできると、男性は一緒にいたい気持ちが強くなり、結婚願望が増す傾向があります。

駆け引き上手でドキドキさせるのがうまい女性は、確かに男性にモテるはず。

けれど、絶妙につかず離れずの距離を取り、危うい言動で気を引くので、彼女としては魅惑的ですが、妻候補にはなかなか選ばれないでしょう。

つまり、居心地のいい女性は、男性から本命彼女だけでなく、妻候補にも見られやすいということ。

婚活も含めて好きな人との関係を進めたいアラサー女性には、見逃せないポイントです。

理想の彼女に近づいていって

男性から見て居心地がいい女性とは、女性からすると「我慢が多いこと」に感じられるかもしれません。

つねに寛容に、楽観的に恋を俯瞰するなんて、なかなかできることではないはず。

だから、居心地のいい女性に「ならなければいけない」と、強く思う必要はないでしょう。

そういう理想に「近づけたらいいな」くらいに考えるのがちょうどよさそうです。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

【実際の意見】男性が「居心地がいい」と思う女性の特徴は?