恋人と付き合うということは、とてもうれしいし大切なものなはず。

なのに、なんだか息苦しさや窮屈さを感じることが多い彼女だと、男性は癒やされたり安らいだりはいっさいできないでしょう。

そんな時間がもし増えるようなら、2人の関係はあっという間に終わってしまいかねませんよ。

今回は「男性が『息苦しい』と感じる彼女のNG行動」を紹介します。

別れたくなる…。男性が「息苦しい」と感じる彼女のNG行動4つ

電話の相手を確認したがる

電話をした後やLINEに返信をしている際に、「誰から?」と毎回のように彼女から聞かれたら、彼氏はかなり鬱陶しく感じるはず。

興味本位で聞いているだけかもしれませんが、彼氏はなんだか疑われている心境になるかも。

「いつ?どこで?誰と?」と確認したくなる気持ちは分かりますが、実際にそれをやってしまうと、もはや監視をしているのと同じことです。

それでは彼氏は窮屈さを感じて、自由を求めて逃げ出して行ってしまう可能性だってありますよ。

急に家に来る

いくら彼女とはいえ、連絡もせずにいきなり家に来られたら、彼氏はあまりいい気分はしないはず。

別にやましいことなどなにもないのに、抜き打ちチェックをされているかのような感じがして、信頼関係が崩れる原因になるかもしれません。

「ちょっと寄ってもいい?」なんて事前に連絡をするのは、カップルの間でも最低限のマナーでしょう。

彼氏も一人になりたいときだってあるかもしれませんから、そういうことを考えずに自分の思いだけで行動をすると、重荷になってしまうだけですよ。

いつでも頻繁にLINEを送ってくる

いつでも頻繁にLINEを送ってくる

付き合っているからといっていつでも常に一緒にいたら、さすがに息が詰まってしまうはず。

だからこそお互いに「自由な時間」を持つことは、いつまでも仲よくいるために必要なことなのです。

ただその自由な時間を楽しんでいるときにも、彼女から頻繁にLINEが送られてきたら、まったく自由を楽しむことができません。

束縛をしていることとなにも変わりがないので、自由を感じなくなった彼氏がうんざりする可能性もあるでしょう。

「やってあげた感」を出してくる

自分のために尽くしてくれたり、色々と世話を焼いてくれたりする彼女は、男性の理想の彼女像でもあります。

でも、さりげなく陰で支えてくれるような彼女に男性はグッとくるのであって、「やってあげた感」を前面に出してくる彼女にはうんざりするだけ。

自己主張やアピールがあまりにも強いと、やってもらったことが彼氏にはどんどん重く感じられるようになります。

「私のおかげでしょ」なんて自分を正当化ばかりされると、彼氏からするともはや窮屈感ばかり覚えるようになるかもしれません。

別れを切り出されるかも…

自分ではそんなつもりはなくても、知らず知らずのうちに彼氏に「息苦しさ」を感じさせているかもしれません。

それに気づかないままでいると、別れを切り出される可能性だってあるでしょう。

自分の行動をよく振り返ってみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)