好きになってしまった相手が既婚者だったら、その恋進めますか?それとも、グッとこらえて立ち止まりますか?

いくら相手のことが好きでも、不倫には思わぬ代償が付きまといます。

今回は、不倫をして人生がガラッと変わってしまった女性たちのエピソードをピックアップしました。

既婚者に惹かれている女性は、不倫の沼にハマってしまう前にぜひご覧ください。

100%後悔してます…不倫の前後で変わったこと3つ

不倫がバレて、社内でも浮いた存在に

「同じ会社の人と不倫して3年、相手の奥さんにバレて、彼が離婚することになりました。社内の人も、私との不倫が原因だと感づいているようで、かなりよそよそしい態度に。
同期との飲み会にも誘われなくなり、会社で浮いた存在になっているのを感じます」(31歳女性/コールセンター勤務)

不倫がバレて、周りの人たちから距離を置かれてしまうのはよくあることです。

不倫をする女というレッテルを貼られて、要注意人物だと思われていることも。

1度失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。

これまでの居場所を捨ててやり直すか、このまま白い目で見られることに耐えるか、苦しい選択を迫られることになるでしょう。

すべての既婚男性を疑いの目で見てしまう

「学生のとき好きだった先輩と、不倫関係に。好きと言われて舞い上がったけれど、浮気相手を繋ぎとめるためには、なんとでも言うんだなって痛感しました。

別れてよかったけれど、私みたいな人は、既婚者にしか言い寄られないんじゃないかって怖くなっちゃって。すべての既婚者を疑いの目で見てしまいます」(26歳女性/自動車関連)

不倫をする女性のなかには、あまり自分に自信がないからこそ、既婚者の甘い言葉に騙されてしまうケースも多いようです。

不倫関係では、自分が一番大切にされることは、ほぼありません。

周りの人を傷つける不倫ですが、自分自身のことも深く傷つけてしまうことを忘れないようにしてくださいね。

気づいたら自分だけ独身

気づいたら自分だけ独身

「20代の終わりから長く付き合った不倫相手とお別れして、30代半ばでひとりぼっちに。

私が不倫に浮かれていた間に、周りのほとんどが結婚して幸せな家庭を築いています。
時間は戻ってこないって本当だな……と後悔しかありません」(36歳女性/メーカー営業)

女性にとって、結婚や出産にも影響する大切な時間を不倫相手に費やしてしまうことは、とてももったいないことです。

不倫にハマっている間は後悔なんてしないと思っていても、自分がある程度歳をとったときに、現実が重くのしかかってきます。

気づけば手元に、なにも残らなかったなんてことにならないよう、一時の気の迷いに惑わされないことが大切です。

軽い気持ちで不倫すると、一生後悔する

普通の恋と同じように、ただ人を好きになっただけと不倫に走るのは要注意!

厳しい現実に、打ちのめされてしまうことがほとんどのようです。

いま不倫の恋に足を踏み入れそうな人は、なにもかも失っても本当によいのか、自分に問いかけてみましょう。

周りと自分を大切にできる選択をしてくださいね。

(愛カツ編集部)