うまく男性の心を掴むことで、たいていのおねだりが許される「甘え上手」な女性っていませんか。

一方でかわいくおねだりしたつもりでも、男性から「あざとい」と引かれてしまうような女性がいるかもしれません。

この違いは、いったいなんなのでしょうか。

「甘え上手な女性の特徴」を、今回は具体的に紹介していきます。

男性がつい、おねだりを聞いちゃう!甘え上手な女性の特徴3つ

回りくどくない

男性は鈍感で面倒なことを避けたがる生き物。そのため遠回しな表現をされても、なかなか気づけないようです。

モテる甘え上手な女性はそのことを理解しているからか、お願いごとがあるときは回りくどい言い方はしないようです。

「もう少し一緒にいたいな……」「誕生日にはプラダのお財布が欲しい」と、しっかり自分の意見を伝えます。

一方で甘え下手な女性は、恥ずかしさや「言わなくても分かってほしい!」という思いから、分かりにくい甘え方ばかりをしてしまうんだとか。

結果自分の気持ちは届かず……。それどころか「しつこい」「なにを考えているか分からなくて怖い」と勘違いをされてしまうことがあるようです。

愛想がいい

甘え上手な女性は、意外と周りに気を配っているのが特徴です。

相手の顔色を伺って笑顔を作ったり、時には一緒に悲しそうな表情をしたり……。場の空気を読む能力に長けており、リアクション上手な傾向があります。

逆に甘え下手な女性は、「どうせ私なんかかわいくないし」と、最初から諦めがち。そのためわざとブスッとした表情や、ふてくされた態度ばかりを取ってしまいます。

こうやって考えると男性がかわいがりたくなる女性は、一目瞭然ですよね。

たとえそこまで美人じゃなくても愛想がよければ、男性陣はなんとなく「放っておけない」と思うのでしょう。

失敗するのを怖がらない

失敗するのを怖がらない

甘えるのって、それだけ「拒絶されたらどうしよう……」という恐怖もついて回ります。

でも甘え上手な女性は、失敗を怖がりません。

「それはやってあげられないよ」と断られた場合でも、「そっか……残念だなぁ」で気持ちを切り替えることができます。

そうやって甘える方法を学んで、自分を成長させているのかもしれませんね。

一方で甘え下手な女性は、「拒絶されたらどうしよう……」と考えてしまいがち。

一回でも甘えが失敗しようものなら、「自分に魅力がないからいけないんだ」と落ち込み、トラウマになってしまいます。

「男性に甘えて、OKをもらえたらラッキー!」くらいに捉えるのが、ちょうどいいのかもしれません。

愛嬌のある笑顔を身につけて

甘え上手な女性は、やはり男性の心を掴む方法を知っているようですね。

まずは愛嬌のある笑顔を身につけることから、始めてみてはいかがでしょうか。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)