LINEを続けるうちに、だんだんと距離が縮まり仲良くなっていくケースはよくあります。

いっぽうで、LINEが原因で、男性に嫌われたり幻滅されたりしてしまうこともあるのです。

せっかくLINEでやりとりをしているのに、そんな悲しいことにはなりたくないですよね。

そこで今回は、男性が幻滅してしまう「ガッカリLINE」を紹介します。

この返信はショック…男性が幻滅する「ガッカリLINE」って?

ずっと他人行儀のまま

もう何度かLINEで会話をしている仲なのに、いつまで経っても女性から他人行儀な接し方をされると、男性は大きな壁を感じるはず。

それでは距離も一向に縮められず、恋愛へと発展させることは難しくなるでしょう。

気になる男性が年上や先輩の場合、失礼がないようにときちんとした言い回しや敬語を使うように心がけたりするものですよね。

でも、少しずつ堅苦しさも崩していくようにしないと、男性に「自分に興味がない」と誤解をされてしまう可能性が高いですよ。

単調な返事ばかり

LINEで会話をしていると「へぇ」「そうなんだ」「うん」などと、つい単調な返事をくり返したりもしがち。

でも、女性がそういった適当な相づちしか打ってくれないと、「自分と会話したくないのかな?」なんて男性は思ってしまうかも。

ただ機械的に返事をしているだけにも見えてしまい、仕方なく話に付き合っている印象にさせてしまう可能性もあります。

多少は質問をしてみたり、自分の意見を述べたりもしないと、男性はまたあなたにLINEを送ろうという気持ちにはならなくなってしまうかもしれませんよ。

いつも返信が遅い

いつも返信が遅い

やっぱり返信があまりにも遅いと「俺には気がないんだろうな」と男性は思うようです。

もちろん忙しいときには仕方がないですが、気になる男性からのLINEにはできるだけ早めに返信した方がいいでしょう。

また、時間が経ってからの返信なのに「わかりました」とか「了解」といったひと言だけだったりしたら、ちょっとショックも受けるかも。

遅くなってしまったことへのちょっとした謝罪の言葉があるだけでも、男性へ与える印象は大きく変わるはずですよ。

すぐに会話を終わらせようとする

男性はLINEでダラダラと長話をするのが苦手な人が多いですし、あまりにも長いと苦痛にさえ感じるはずです。

とはいえ、女性がすぐにLINEを終わらせようとしたら、それはそれでガッカリしてしまうようです。

「俺とは話したくないのかな」とか「俺の話がつまらないのかな」なんて思わせてしまう危険性も高いです。

話がひと盛り上がりしたくらいのところで終わらせると「もう少し話したい」という気持ちにさせることもできます!

次につなげるためにも、一番ベストな形といえるでしょう。

変な誤解を生まないために

LINEでの会話は、感情や気持ちがうまく伝わらなかったりすることもあります。

それでは変な誤解を生むようなことにもなりかねないので、伝え方にはしっかりと気を遣うことが大事ですよ。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ気をつけてみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)