「好きな人がいるけど、どうアプローチしていいかわからない……」と悩むことはありませんか?

そんなときには、ちょっとした思わせぶりなセリフが◎

男性は、ちょっとした一言にドキッとしてしまう生き物なのです。

俺のこと好きなの?男性が「メロメロになる」女性の言動♡

「一緒に〇〇したら楽しい」

一緒になにかをしたいという希望や、想像を伝えるこのセリフは、同時に、ちょっとしたリクエストにもあたるもの。

そのため、積極的に誘われているように感じ、好意を期待させることができます。

なにか共通の情報を目にする機会があれば、ぜひ、このセリフを使ってみましょう。

雑誌、テレビ、CMや広告、ニュースなどなんでもOK。

積極的に投げかけていきましょう!

「時間経つの早かったね」

楽しい時間は早く過ぎると、楽しかったことを伝えるこのセリフ。

相手の男性も、何度かこういったことを経験しているため、自分と過ごす時間を、そんなに楽しいと感じてくれているなら、「もしかして俺のこと……」と感じとってくれることでしょう。

デートはするものの、相手の男性がただ、どこかへ遊びに行きたいだけなのか、デートとして一緒に過ごしたいのかわからないなんてときは、こんなセリフで勝負を仕掛けてみるといいかもしれません。

「〇〇くんと付き合えたら幸せかも」

恋人・彼氏・彼女・デートなどの話題は、男性に「恋」を連想させるもの。

そのため、「彼女になれたら幸せだろうなあ」「○○くんと付き合える人は羨ましい」というセリフは、かなりストレートに相手をドキッとさせることができます。

相手の男性が得意なこと、きっちりしていることや、優しいところなどを発見したら、そこを褒めて、このセリフを使ってみましょう。

相手は謙遜するかもしれませんが「私は、○○してもらえたらうれしい」系のセリフで、連続攻撃というのもおすすめですよ。

「このあいだ、〇〇だったよね」

気になっている人のことは、以前の発言・行動共によく覚えているもの。

そのため、以前のことを持ち出して言葉にすると、「あなたのことはよ~く覚えてるよ」というメッセージを伝えることができます。

以前と違うところを発見したり、おもしろかった出来事を思い出して使ったりしてみましょう。

もちろん、これは好意的な発言として使うので、相手の欠点や失敗には使わないよう要注意。

相手がどんなタイプの男性かも、よく観察しておけば、たくさん応用できるはずです。

「次に会えるのが楽しみ」

LINEでの会話は、ふたりきりで話しているようなもの。

そこで「次に会えるのが楽しみ」という発言は、「ふたりっきりで会いたい!」と言われているように感じ、男性も「もしかして……」と思わざるを得ません。

一緒に遊びに行ったあとや、グループで参加する催し物のあとに使うのも◎

LINEでこのセリフを使えば、「ふたりで」という単語無くても、自然とそれを、連想させることができますよ。

あなたの好意を匂わせて♡

恋愛に発展させたいのであれば、具体的にふたりで会いたいとか、好意を伝えるよりも、「もしかして……」と考えさせるのがポイント。

相手に「可能性」として考えさせることで、どんどんあなたの存在を大きくすることができますよ。

告白するにしても、成功率をグッとアップできるので、思わせぶりセリフを上手に活用していきましょう!

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)