相手と仲良くなるためには、会話が不可欠。

しかし言動によっては、男性から「喋るとこんな人だったんだ……」とガッカリされてしまいます。

そこで今回は、男性がガッカリする女性の発言についてご紹介します。

恥ずかしいからやめて!男性が「ガッカリする発言」とは?

知識がない

「いい歳して『一期一会ってどういう意味?』と聞かれたときはビックリした。それくらい中学生でも知ってるんじゃ?」(31歳男性/接客)

「『彷彿』を『ふふつ』と読んでいたときに、『この子おバカさんなんだな~』と思ってしまった」(25歳男性/IT)

人間だれしも読み間違いはあるでしょう。

しかしあまりにも言葉を知らなすぎると、男性は「この子大丈夫かな?」「結婚するのはムリかも……」と思ってしまうようですね。

スマホも良いですが、たまには興味のある本も読んでみて。

年上にも平気でタメ口を使う

「彼女と俺の先輩と3人で食事に行ったんですけど、彼女が先輩にガッツリタメ口を聞いていた。常識がないと思われるからやめてほしかったです」(27歳男性/営業)

目上の人にタメ口はNGですよね。

彼の立場もなくなってしまいます。

フレンドリーさを出したいのであれば、笑顔で話すのが一番!

それだけで、「明るくて礼儀正しい子」という印象を持ってもらえるでしょう。

相手の話を聞かない

相手の話を聞かない

「俺が『最近腰が痛くて~』とか言うと『それ運動不足だよ!』『サプリ飲むのもアリだよ!』と、勝手に話を進める子がいます。
話していて疲れるし、そうやって友達にも思い込みで会話をしているのかと思うと、恥ずかしくて知り合いには紹介できない」(29歳男性/人材)

悪気はないのかもしれませんが、何でも決めつけてしまうのは良くありません。

意見を聞かずに思い込み発言ばかりしていると、男性は知り合いへの紹介をためらってしまいます。

相手の話を最後まで聞くガマンも、時には大切ですよ。

私って〇〇じゃん~!

「『私ってブスじゃん~!』って言いながらも、実は『そんなことないよ!』を期待している女子っていますよね。
そもそもブスって思うなら努力しろよって感じだし、他人にかわいいと言わせようとしている時点で引いてしまう」(29歳男性/広告)

日常的に「私ってブスじゃん」発言をしている人っていますよね。

声が大きいと周りからも注目されるし、とりあえず褒めなきゃいけないし、男性側は何もいいことがありません。

自尊心を高めたい気持ちもわかりますが、彼に気を使わせないことも必要ですよ。

ガッカリ発言してない?

自分が自分がという気持ちが前に出過ぎてしまうと、彼から「恥ずかしい」と思われる原因になるようですね。

好きな人と話せて浮かれてしまう気持ちもわかりますが、コミュニケーションで大切なのは相手の気持ちを考えること。

うまく会話のキャッチボールができるようにしましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)