飲み会や合コンなど出会いの場で気になる男性がいたとき、相手にも同じように自分を気にしてもらいたいものです。

それではどうしたら、男性の心に残ることができるのでしょうか。

相手があなたのことを「特別視」するようアプローチできると、いいかもしれませんね。

今回は「初対面の男性から好印象を持ってもらう方法」を紹介します。

彼を惹きつけて!初対面の男性から好印象を持ってもらう方法

笑顔で話して、たまに見つめる

「自分の話に笑ってくれる人には、また会いたいって思うな。記憶に残っちゃいますね」(30歳男性/営業)

どの恋愛コラムでもよく言われているのは「聞き上手はモテる」ということ。

ただし、そこで差をつけたいなら、ただの聞き上手だけでは足りません。

少しおおげさでもいいので、とびっきりの笑顔で相手の話を聞きましょう。

そして笑顔でいるだけではなく、たまにじーっと見つるなど変化をつけると、確実にあなたが相手の記憶に残るはず。

男性はギャップに弱いとよく言いますが、「表情のギャップ」も有効なのです。

ちょっとした特別扱いをする

「自分とだけ話を多くしてくれるとか食事を取り分けてくれるとか、こんな感じだと気があるのかなって思う」(25歳男性/ITエンジニア)

加減が難しいのですが、男性に「あれ、自分だけにこれをしてくれてるのかな?」と思わせるのがコツ。

たとえば飲み会では、その人だけのグラスの減り方に注意したり、「大丈夫?」と体調を気遣ってあげたりすると効果的です。

ちょっとしたボディタッチや、会話の振り方も同様。気になる人にだけ、さり気なくアピール行為をしましょう。

しかし、気になる人だけをプラスにしてほかの人をマイナスにしてはだめです。

気になる人はプラスにしつつ、彼以外はプラマイゼロくらいの心がけでいましょう。

共通点をきっかけに話す

共通点をきっかけに話す

「趣味が合うとか、同じものに興味があるとか……。そういう女性とは、もう一回話したくなりますね」(28歳男性/公務員)

最初は、なかなか気になる人と共通点を見つけるのは難しいかもしれません。

でも、どんな人との間にも、一つくらい共通点はあるはず。

ここで共通点と言っても、趣味がぴったりとか考え方が一緒というように「完全にぴったり」である必要はないのです。

相手が好きなアーティストに自分も興味があるとか、行きたい観光地が一緒だったとか。

そのくらいの「薄い共通点」で構わないので、会話で探り出しましょう。

「共通点」がある人に対してはお互いに親近感が沸きやすく、その後に話しかけたり誘ったりするきっかけにもなります。

最初は薄い共通点でも話をつづけるうちにたくさんの共通点を見つけられるようになり、さらに仲がよくなれるでしょう。

相手の印象に残ろう

出会いの場では、初対面の印象がとても大事です。

とくに大人数がいる場所では、相手もたくさんの人に会うので、印象に残ることが難しくなります。

そういった場で勝ち抜くためにも、相手の印象に残るテクニックを使ってみましょう!

(愛カツ編集部)