気になる男性といい感じなのに、なかなか告白してこなくてじれったいと思ったことはありませんか。

男性だって、告白するには相当な勇気が必要。ちょっぴり待ってあげるくらいの気持ちでいいかもしれません。

もしくは男性が告白しやすいように、お膳立てをしてあげるのも効果的でしょう。

今回は「男性が告白しやすい瞬間」を紹介します。

あなたの力を貸してあげて!男性が「告白しやすい」瞬間3つ

女性の相談に乗っているとき

ピンチはチャンスという言葉を聞いたことはありませんか。男性は「守ってあげたい」と強く思うと、恋愛感情も連動して動くことがあります。

あなたが弱っているとき、困っているとき、信頼できる彼に相談をするというのは自然な流れでしょう。

その上で、あなたから「きっかけ」として、「守ってくれる人がそばにいたらいいな」という趣旨の発言をしてみて。

そうすると男性も、あなたを恋人として一緒に守っていく存在になりたいという気持ちがより強まり、告白しやすくなります。

ハッピーエンドの映画を観終わったとき

告白がなかなかできない理由に、「告白してダメだったら……」と思ってしまうことも大きな原因でしょう。

ですから、「ハッピーエンドになる恋愛映画」を一緒に観るというのは、男性の不安を軽減するためにとても効果的です。

できれば、その映画を観た後に、落ち着いて2人で話ができる場所もセットで、デートの計画を練りましょう。

映画は短い時間でストーリーを組むので、場面ごとの強弱がはっきりしているもの。

恋愛がテーマなら「告白」や「プロポーズ」のシーンもしっかり取り上げられて、印象に残る演出がされていることが多いです。

そういったことで彼の背中をそっと押してあげましょう。

「告白してもいい」場を提供されたとき

「告白してもいい」場を提供されたとき

あなたの友人で、告白の意思が堅い人がいるのであれば、グループデートをするのもありです。

その友人が告白をすることで、あなたの気になる彼も、告白が身近に感じることができます。

とくに友人関係にあると、周囲の友人を気にして遠慮したり気をそらしたりしてしまい、なかなか告白できないこともあるはず。

だからこそ男性に、「告白してもいい」場を提供してあげるというのは効果的だと言えます。

ただし告白からほど遠い友人も含めたグループデートをすると、むしろ彼が遠慮してしまい告白が遠のいてしまうこともありますので注意しましょう。

関係を進展させよう

メールやLINEでの告白はやはり「軽い」と感じる人もいるはず。面と向かっての告白がまだまだ、主流でありつづけるかもしれません。

当然ですが気持ちは言葉にしないと伝わらないことが多いので、恋を進めるという意味でも「告白」は大きな一歩です。

「環境や場」の力を借りながら、関係を進展させてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)