結婚に向いている人と向いていない人は、どこが違うのでしょうか。

もし気になる人がいたり彼氏がいたりするなら、「結婚に向いている女性」だということを彼にアピールしたいもの。しかしそう上手くいかない場合もあるでしょう。

今回紹介する「結婚に向いていない女性の特徴」を参考に、将来のことを少し考えてみてくださいね。

あなたの将来は大丈夫?結婚に向いていない女性の特徴5つ

キスのときに下唇が出る

キスしたときに下唇が出てしまう女性は、相手から尽くされたいという願望が強い傾向があります。

ちなみに上唇が出てしまう女性は、相手に尽くしてしまいがちです。

尽くされたい願望があまりに強いと、男性が疲れてしまうこともあります。

結婚生活は日常の延長戦上です。過度な要求は控えた方が長続きできるでしょう。

他人の幸福を素直に祝えない

結婚した友人へお祝いメッセージを送ることになった際、どのようなメッセージを伝えるかで結婚に向いているかどうかが分かるんです。

「結婚おめでとう。独身時代はお互いモテなくてどうしようかと相談してたけど、先に結婚しちゃったんだね」

このように「ネガティヴなワード」を含んだメッセージを言ってしまう人は、結婚に向いていない可能性があります。

結婚式はお祝いの場。新郎新婦だけでなくその両親も出席しています。

周りの人たちがどんな気持ちになるかという配慮も考えるべきでしょう。

作業しながら会話ができない

作業しながら会話ができない

なにか作業をしながら会話ができないという女性は、マルチタスクが苦手な傾向があります。

女性は男性と比べて、色々なことを並行して行うのが得意な場合が多いです。

それは子育てのときに発揮されやすい能力。子どもの面倒を見ながら家事をこなすなんてことに繋がります。

これができない女性は結婚後に苦労するかもしれません。

しかし鍛えることのできる能力なので、普段から意識して行動してみてくださいね。

憧れのプロポーズがロマンチックすぎる

突然ですがどんなプロポーズがされたいですか?

「海の見えるビーチで花束を持った彼が現れて……」なんてロマンチックな想像を膨らませてしまった人は要注意です。

プロポーズが恋愛のゴールになってしまっている可能性があります。

そういった人は、その後に待ち受けている結婚生活に不満を抱きがちなんだとか。

結婚生活もいまの生活とあまり変わらない「日常」なのだと、受け止めることが大切です。

結婚生活をリアルに想像してみて

結婚生活を想像したときに「コーヒーを挽く香ばしい匂いで朝をむかえる」といったように理想的なイメージを膨らませていませんか?

カーテンの木漏れ日で眠い目をこすってなんて、いかにもロマンチックなシチュエーション。

ですがもう少しリアルな生活を想像してみた方が、結婚生活に対する失望が少なくて済むかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)