気になる彼との初めてのデート。

緊張と不安で胸がいっぱいになりますよね。

でも、まだまだお互いを知らない初デートだからこそ、少しのきっかけで次のチャンスがなくなることもあるようです。

そこで今回は、次のデートにつなげるためのポイントをご紹介します。

2回目のデートにつなげる!初デートで気にすべきポイント4つ

共通点を見つけておく

次のデートに繋げるには、初デートで親近感を与えておくことが重要です。

親近感は警戒心をなくすカギとなりますし、好印象を与える大切な要素。

まずは、共通点を印象づけることが大切です。

共通点があると人は味方だと感じやすいもの。

出身地や趣味、好きな食べものなど些細なことで構いません。

会話のなかで「それ私も好き!」「私も苦手!」と共感を示し、似ている部分があると印象づけていきましょう。

共通点を印象に残すことができれば、初デート後の会話や、次に会う約束もスムーズに進みやすくなります。

相手のペースを観察し合わせる

相手と距離を縮めるうえでは、歩くペースや食事のペースなど、無意識の行動こそ意識しておきたい部分。

無意識だからこそ、ペースが合わないと「なんか合わないな」という印象に繋がります。

心地よい相手と思わせるためにも、相手のペースや感覚をしっかり観察しましょう。

おっとりさんとせっかちさんは、お互いにちょっとしたことでイライラを感じやすいもの。

相手の無意識の感覚を理解し、合わせることができれば、自然と「気があう相手」という印象を植え付けることができます。

自分の情報を出すのは3割程度にする

親近感を覚えさせるためには、ある程度どんな人なのかを理解してもらうことが大切です。

しかし、多くの男性は追いかけたい生き物。

早い段階であなたのことを100%理解してしまうと、クリアしたゲームのように興味が薄れてしまいます。

「もっとあなたのことを知りたい」という関心を育てて、次のデートに繋げましょう。

そのためには、自分がどんな女性なのか伝えつつも、自分の情報は3割程度にセーブして会話していくのが◎

2回目以降のデートで、話題が尽きない効果もあります。

デートは半日で終わらせる

「もっと会いたい」という欲求は、次の機会を意識させる大切なポイント。

人は欲求が満たされないからこそ、「もっと」と求める生き物でもあります。

だからこそ、初デートは「もっと一緒にいたかったな」と思わせるくらいの、短時間で切り上げましょう。

また、最初から夜遅くまで長時間一緒に過ごすのは、軽い女性や簡単に落とせる女性と思われやすいリスクも……。

簡単に落とせない女と思わせて、追いかけたい気持ちを育てていきましょう。

もっと知りたいと思わせること

初デートは意気込んでしまうものですが、次に繋げるためには、余裕を忘れないことが大切です。

肩の力を抜いた余裕が「追いかけたい女性」という価値を男性に感じさせるもの。

魅力的な外見をアピールすることももちろん大切ですが、もっと重要なのは、人懐っこさと追いかけ過ぎないバランスです。

楽しいのに少し物足りない……そんな初デートにすることで、2回目以降のデートに繋がるでしょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)