相手のことが夜も眠れないほど好きで、暇さえあれば彼のことを考えている……。

そんな状態では、自分の気持ちをストレートにぶつけても、なかなかうまくいかないでしょう。

かといって、彼からのアクションを待つばかりではなにも変わりませんよね。

そこで今回は、彼が夢中になる、ちょうどいい「好き」の見せ方をご紹介します。

気になる彼が夢中になるちょうどいい「好き」の見せ方

恋愛はあくまで人生のおまけ

自分の人生をいちばんに楽しむようにして、彼を好きな気持ちは「おまけ」的な位置づけにすること。

彼はもっと好きになってもらおうとあなたに夢中になり、いい関係が築けるでしょう。

好きな気持ちを「おまけ」にすることで恋愛に集中しすぎて疲れたり、ネガティブな感情に引きずられたりしにくくなるんです。

そうすると、彼と会うときはめいっぱい楽しむことができ、会えないときも相手を思いやる気持ちが自然と出てくるでしょう。

彼だけに集中してしまうと、ネガティブ感情に引きずられて相手にも重いと思われてしまう原因に……。

おまけ的な位置にすることで、ちょうどよくなるのです。

自分ありきで考える

相手を好きすぎるときにハマりがちな落とし穴は「彼がいて、私がいる」という彼ファーストな状態になってしまうこと。

これはお互いにとって良くないと言えます。

好きすぎることが相手にばれてしまうと、都合のいい女になりかねないからです。

男性は「手に入りづらいモノこそ大切に扱う」性質があるものですし、好きすぎて他のことに集中できずつまらない女性になってしまうのは絶対にNGです。

一旦この状態にハマッてしまうと、残念ながらなかなか立場を逆転することはできません。

逆転するには強く意思を持ち「彼以外」のなにかに打ちこむこと。

「私がいて、彼がいる」という態度を見せ続けて、関係を変えていくしかありません。

彼だけに集中してしまうのはNG

男性は彼女ができても、自分だけ見ていてほしい……とはあまり思わないようです。

自分だけに集中されると、息が詰まってしまうんですね。

もっとも、自分だけに集中して欲しいと思うのは、いわゆる「束縛男」でしょう。

同じことを自分が相手にしたらどう思うかを考えれば、なんとなく理解できますよね。

恋愛中心の考えにならないよう注意

いきなりそんな態度を見せてフラれないかな……といった心配は無用。

そこで「浮気してるだろう」と怪しむような男性は、あまりいい相手ではないでしょう。

すでに付き合いの長い彼氏だとしても、時間はかかりますが関係はつくりなおせるはずです。

そこで離れてしまうなら「そんな関係でしかなかった」と言えるくらいの軽い考え方が、恋愛にはベストだったりしますよ。

(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)