友達と一緒に行くのも悪くないけど、できれば彼氏と行きたい。そのように感じる場所ってありませんか。

女性がそう感じるのと同様に、男性にも「これは彼女としたい」「彼女ができたらやってみたい……」と理想を抱いていることがあるんだとか。

そこで今回は「男性が『彼女としたいな』と考えていること」を紹介します。

男の本音!男性が「彼女としたいな」と考えていること3つ

手料理を食べる

好きな人の手料理を食べることは、男性にとっては大きな憧れポイントになりそうです。

たとえ普段から自炊をする人でも、一人暮らしをしていれば作ることが面倒な日もあるでしょう。

そんなとき、「誰か料理を作ってくれてる人がいたら……」と憧れてしまうことって、男女問わずあるはず。

とくに自炊が苦手な男性にとって料理を作ってくれる人は、肉親以外でとても貴重な存在だと思います。

ましてや、それが自分の住んでいる部屋で……となれば、男性はまるで新婚気分が味わえて、ちょっとソワソワしそうなものです。

男性のそんな願望を叶えてあげられるよう、普段から料理の腕を磨いていけば、彼のハートをうまく惹きつけられるかもしれませんね。

自分の部屋でくつろぐ

多くの男性は女性のように「恋人ができたらココに行きたい!」という場所が、あまりないように思います。

相手のタイプや要望に合わせて「じゃあ今度の週末、〇〇に行こっか」と、尽くしたいと考える男性がほとんどではないでしょうか。

でも、そんな男性も「彼女ができたら~」と、憧れるデートが一つあるようです。

それは自分の部屋で、彼女とのんびりとくつろぐこと。

公共の場で恋人と仲よくすることが苦手で、思う存分イチャイチャするなら部屋でゆっくりと……と考える男性が多いようです。

それこそ彼女の体に触れたり、キスをしたいと思ったりするのは、これに当たります。

普段自分がくつろいでいる場所で、改めて彼女の存在を感じられると、男性にとってはとても嬉しいのだとか。

それは「彼女を自分のものにしたい」という、男性ならではの支配欲が満たされるからかもしれません。

なじみ深い場所へ行く

なじみ深い場所へ行く

自分にとって特別な場所ってありませんか?たとえば思い入れのある学校とか、普段よく行くお気に入りのお店とか。

そういった場所を共有することで、恋人の特別感が増すことって大いにありそうです。

相手の反応で相性も見極められるかもしれませんね。

それこそ実家とか、生まれ育った地域とか。はたまた、車好きの男性なら自分の愛車とか。

男性によっては「ここは、大好きな人と……」と、それとなく目星をつけているお店や場所があるかもしれません。

お互いにそうした場所を紹介し合えると、相手に対する理解が増して、より2人の仲は深まるのではないでしょうか。

2人の愛が深まるように

男性が「彼女としたい!」と考えることは、さまざまでしょう。

お互いにしたいデートができると、2人の愛はもっと深まるはず。

デートの際は、ぜひ意識してみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)