干支占いからは、生まれた年の星や自然の巡り合わせから、その人の運命がわかります。

また、その「運命の相手がどんな人なのか」も占うことができます。

今回は、名前の持つパワーを読み取り、運命の相手のイニシャルを占います。

前編のみなさん、一緒に見ていきましょう。

【前編】干支で未来を占う…あなたの「運命の相手」のイニシャルと特徴って?

子(ねずみ)年生まれ

……イニシャルは「K」

いろいろなことを考えすぎる、子(ねずみ)年生まれは、落ち込んでしまうことも多いです。

そんな子年の様子をちゃんと見ていて、すかさず「どうしたの?」と話しかけてくれる、やさしい男性が運命の相手です。

その男性のイニシャルは「K」でしょう。

丑(うし)年生まれ

……イニシャルは「O」

丑(うし)年生まれは、自分の欲求を外に見せるタイプではなく、近寄りがたいところがあります。

でも本当は近寄ってほしくて、直接的なぬくもりを求めたいときがあるのです。

そう思ったとき、「この人に触れたい」と感じた男性が運命の相手。

イニシャルは「O」です。

寅(とら)年生まれ

……イニシャルは「S」

寅(とら)年生まれは、二面性がある性格です。

センシティブかと思ったら、ものすごく大胆になったり。

テンションに幅がある性格を、あまり深く考えずに受け止めてくれる、明るくて大ざっぱなタイプが運命の相手でしょう。

その男性のイニシャルは「S」です。

卯(うさぎ)年生まれ

……イニシャルは「J」

卯(うさぎ)年生まれは、天真爛漫な性格。

ときどきワガママです。

そのワガママをスルーされたにも関わらず、イヤな気持ちがしなかったら、その男性が運命の相手。

もしかして、と思ったら気をつけてみましょう。

その男性のイニシャルは「J」です。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれ

……イニシャルは「Y」

自分が思うところを、まっすぐに駆け抜ける辰(たつ)年生まれ。

アプローチしてくる男性の中から選び、自然な流れに任せるとうまくいきます。

選ぶポイントは、同じことに夢中になっている男性。

このタイプが運命の相手で、イニシャルは「Y」でしょう。

巳(へび)年生まれ

……イニシャルは「F」

慎重な人が多い、巳(へび)年生まれ。

恋愛でも、流されるままに恋がスタートすることは、ほぼありません。

この男性になら、いくらでもお金をかけられる!と思った相手が運命の相手です。

見ているだけで母性や庇護欲があふれ出す、そんな男性のイニシャルは「F」でしょう。

イニシャルをきっかけにして

イニシャルは、パワーの入り口。

なぜかというと、運命の相手を引き寄せるきっかけとなるから。

出会ったときに「この人だ!」と気づけるよう、しっかり覚えておきましょう。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●午(うま)年~亥(いのしし)年生まれの「運命の相手」は?