干支占いからは、生まれた年の星や自然の巡り合わせから、その人の運命がわかります。

また、その「運命の相手がどんな人なのか」も占うことができるのです!

今回は、名前の持つパワーを読み取り、運命の相手のイニシャルを占います。

前編に引き続き、後編を見ていきましょう。

【後編】干支で未来を占う…あなたの「運命の相手」のイニシャルと特徴って?

午(うま)年生まれ

……イニシャルは「B」

人間関係が多彩で、明るくオープンな性質の午(うま)年生まれ。

コミュニケーションのスキルを駆使して、その場の雰囲気を盛り上げます。

そんな午年の個性を尊重してくれる、おおらかな男性こそ運命の相手。

その男性のイニシャルは「B」でしょう。

未(ひつじ)年生まれ

……イニシャルは「U」

平和主義者で、ほんわかした家庭的な雰囲気を漂わせている、未(ひつじ)年生まれ。

寂しがり屋で恋人のいない状況には、耐えられないところがあります。

未年と同じように家庭的な温かさを持った人が、運命の相手です。

その男性のイニシャルは「U」でしょう。

申(さる)年生まれ

……イニシャルは「H」

周囲の空気をよく読み、自信満々にふるまったり謙虚にふるまったりして、器用に世を渡る申(さる)年生まれ。

けっこうプライドが高いので、見栄も張りがち。

そんな申年の気質を見抜いたうえで、そこが良いと言ってくれる人が運命の相手。

イニシャルは「H」でしょう。

酉(とり)年生まれ

……イニシャルは「N」

自分に厳しい、完璧主義なところがある、酉(とり)年生まれ。

「いろいろな条件をクリアしないと!」と用心深くなるので、恋愛の最初のハードルが乗り越えられません。

それゆえに、近寄りがたいイメージを持たれがちな酉年ですが、それでもアプローチしてくる人は運命の相手でしょう。

イニシャルは「N」です。

戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれ

……イニシャルは「Z」

居心地のいい家庭ほど素晴らしいところはない、と考えている戌(いぬ)年生まれ。

結婚した後、家庭をトラブルに巻き込まない相手が、運命の相手でしょう。

粗野で攻撃的な男性は、最初からパスします。

その男性のイニシャルは「Z」でしょう。

亥(いのしし)年生まれ

……イニシャルは「G」

好きなら好き、嫌いなら嫌いと、はっきり顔に出てしまう人が多い、亥(いのしし)年生まれ。

相手にはもちろん、周囲の人にもわかってしまうレベルです。

そこがかわいいと思ってくれる男性が、運命の相手でしょう。

イニシャルは「G」でしょう。

運命のパワーを活かして!

イニシャルは、運命の相手を引き寄せるきっかけとなります。

そう、大きな運命のパワーを持っているのです!

出会ったときに「この人だ!」と気づけるよう、ぜひ占い結果を頭に入れておいてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)