「人は見かけによらない」と聞いたことがある人は、少なくないはずです。

いつもはちゃらちゃらしている彼が真面目な顔を見せていたり、冷たいと思っていた彼がじつは甘えん坊だったり……。このようなギャップに弱い女性もいますよね。

そこで今回は、男性の星座別に、彼の「意外なギャップ」を占ってみました。

前編に引き続き、後編のみなさん。

一緒に見ていきましょう。

【後編】星座で分かる・彼の「意外なギャップ」とは

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

……人とつるむことが特別好きなわけではない

てんびん座の彼はとっても社交的で、人間関係のバランスを上手に取ることができます。

でもじつは、人とつるむことがすごく好きなわけではないんだとか。ただ、それができるだけみたい。

八方美人ではありますが、孤独を愛する心も持ち合わせているでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

……仕事ではビックリするほどクール

さそり座の彼は心を開いた相手に、親密な関係を迫りがち。

とくに恋愛となると、愛と嫉妬が表裏一体という具合になるかもしれません。

しかし仕事となると、ビックリするほどクールな一面を発揮。

愛妻家で仕事はしっかりする、という理想の相手だと言えます。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

……フラれると、自己嫌悪でがっくり落ち込む

いて座の彼は大胆不敵で、自由な思考を持っています。

恋愛も自分の思うがままに進めていくタイプ。

自分が原因でフラれると自己嫌悪でがっくり落ち込み、しばらく恋をしようとしないほどへこむでしょう。

そんなカワイイ一面も魅力だと言えます。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

……クールさを気にしがち

仕事はテキパキ、人間関係も無駄な付き合いはさっくり排除。そんなクールなやぎ座の彼。

しかし家に帰って布団に入ると「クールにやり過ぎた……」と気にしがちな傾向があります。

彼なりに反省して、次の日はクール度を下げて優しさを意識することもあるようです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

……一人なら涙していることも

問題があっても理性と論理で解決するみずがめ座の彼は、冷たい人と思われがちです。

でもじつは、心のなかでものすごく葛藤していることも。

一人なら、時に涙している場合もあるんだとか。

人には見せませんが、なにに対しても全力で対応しますし、感情もとても豊かなタイプでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

……怖いくらいに一途な男

うお座の彼は、女性とつるむのが得意な傾向があります。

本命の彼女ができても、ほかの女性に優しくすることもしばしば。

でも本当に好きな人には怖いくらいの愛を注ぐ、とっても一途な男性でしょう。

逆に、にこやかにしていても、嫌いな人のことは徹底的に嫌うようです。

気になる彼もギャップを持っているはず

ふとしたときにギャップを感じて胸キュンするのは、男性にも女性にもあること。

小さな胸キュンから恋が始まることも多いと言えます。

気になる彼も、普段はまったく気づかないギャップを持っているかもしれません。

彼の星座をチェックして、秘密のギャップを探ってみてくださいね。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)