彼女に束縛されたくないと考える男性は多いですね。

女性からすれば軽めにプレッシャーをかけただけなのに、彼は「それ束縛だよ」とウンザリしてしまう。

今回は「そんなことも束縛なの?」と女性が意外に思ってしまう行動をご紹介します。

別れたくなる…男性が「束縛」だと感じる彼女の行動

ほかの女性の話を嫌がる

意味がない話でも、女性の話をしたらダメ。「好きだからそんな子の話するんでしょ!」「デリカシーないのね!」と怒り始める……。

彼からすれば「素直にそう思っただけ。ただ思ったことをコントロールしようとしたり否定しないでくれ」束縛されているように感じます。

彼女の前でほかの女性の話をする男性も良くないとは思いますが……。

飲み会の前は連絡を強制する

「『飲み会に行ってくるよ』とひとこと言ってほしい。言わないのはやましいことがあるから」と考えることありませんか?。

彼からしたら「やましいことなんてなにもないから、いちいち『行くね』なんて言わなくてもいいよな」なんて考えていることも。

飲み会で悪いことをしようとなんて思ってはおらず、ただ連絡がめんどくさい……。

それだけの理由が多いと思います。

すれ違いざまに女性を見ると怒る

長々と見続けるわけではないので、大目にみましょう。

「どこ見てるの?」と嫌味を言うのもやめたほうがいいかも。

これって本能的な行動なので、本人は気づいていないときがあります。

おそろいの物を持たせる

大好きな彼とはおそろいのものを持ちたいですよね。

しかし男性からすると、子どものようでみっともないのだとか。

お母さんに無理やり服を着せられているように、まるで彼女に着させられているみたい。

尻に敷かれているように見えるそうです。

将来の話をする

「できればいつまでもフラフラしていたい」「身を固めるとか、エリをたださなければならないとか……。ハードルが高い」と、将来の話をしたくない男性は多いです。

女性はわりとこの手の話が好きで、ただのロマンチックな夢を語っている場合が多いのですが、普通の男性は真剣に受け止めてしまうようですね。

結婚や子供のことといった具体的な未来の話は、交際初期は控えたほうが無難かも。

少しのヤキモチならかわいい

自由をジャマし、指図し、それが叶わないと怒るのが束縛です。

なんだか怖い定義ですが、かんたんに言うと「私の彼よ」というアピールが見え見えだと束縛と思い「私だけを見て」と怒ることはよくありません。

少しくらいのヤキモチなら、男性もかわいいと思うはず。

指図して、それが叶わなかったとしても、怒らなければ束縛と男性はあんまり思わないので、ぜひ怒らないでみてください。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)