好きな彼が、あなたより年下だと分かった途端、どうアプローチをしたらいいのか分からないときはありませんか?

「もしかしたら彼に引かれるかもしれない」と不安に思うこともあるかもしれませんね。

そこで、「年下男子の攻略法」を4つ紹介したいと思います。

年上女子のココにキュン!年下男子の攻略法4つ

お姉さんらしさをアピール

「お姉さんらしいところにドキッとした」という男性も多いようです。

もしかしたら彼も、あなたのお姉さんらしい一面にドキッとするなんてことも。

お姉さんらしさをアピールする場面として、たとえば仕事の悩み相談などがあげられます。

最初は仕事の相談だけかもしれませんが、回数を重ねるたびにプライベートの相談も増えていくでしょう。

そうなると、2人きりになれるチャンスもめぐってきやすいものです。

あなたから彼に「何か困っていることない?大丈夫?」とさりげなく聞いてみるのもアリかもしれませんね。

ギャップを演出

お姉さんとして完璧すぎると、「近寄りがたいかも……」と返って逆効果になる可能性もあります。

男性に限らず、人は「完璧すぎる人」よりも「少し弱いところがある人」に引かれることもあるのです。

つまり、ギャップを見て親近感を抱くことも大いにあります。

ギャップを演出するのも攻略法の1つといえるでしょう。

例えば、仕事をこなしているけれど、鞄にはかわいいチャームがついているなど。

ギャップを演出してみるのも効果的でしょう。

共通点を探す

定番の方法かもしれませんが、かなり大事なことでしょう。

「相手と共通の話題を3つ見つけること」が大切なのだとか。

内容は、ファッションや好きなアーティストなど、なんでも大丈夫です。

それに、好きなアーティストを聞くだけなら、「え?急に何?」と思われることも少ないでしょう。

むしろ、「俺に興味を持ってくれてうれしい」と思ってくれる可能性もあります。

彼と距離を詰めるためにも、彼との共通の話題を見つけてみましょう。

余裕のある気配り

たとえば、さりげなくハンカチを差し出したり、「無理してない?」と気遣ってくれたりなどがあげられます。

「仕事でお客さんと電話しているときにメモを用意し忘れたとき、となりから紙とペンを差し出してくれてキュンとした」という声も。

何か大きなことをしようと頑張らなくても、こういったさりげない気配りが彼の心をグッとひきつけるかもしれません。

ギャップとアネゴ肌でアピール

年上女子は、かわいらしさもお姉さんらしさも両方アピールする要素を持っています。

「仕事辛くない?大丈夫?」と気遣いをしてお姉さんっぽさをアピールしたり、逆に少し抜けている部分を見せて可愛らしさをアピールしたり……。

さりげなく彼にギャップを見せて、年下の彼との距離をグッと進めていきましょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)