好きな人ができると、相手との相性が気になる女性も多いのではないでしょうか。

相手がどういう人で、自分と合いそうな人なのか……。

冷静に見極めつつ、恋ができるのが理想ですよね。

そこで今回は、好きな人ができたら見極めたい相性について考えてみました。

ちょっと男性を見る目に自信がない、久しぶりの交際で恋愛音痴になっている女性のみなさんは、ぜひ考え方の参考にしてみてくださいね。

好きな人ができたらまず見極めたい「4つの相性」とは?

趣味が同じかどうか

趣味が一致していると、会話が弾みやすく、距離も縮めやすいもの。

相手にどんな趣味があって、休日は何をして過ごしているのか。

話す機会があれば、それとなく聞いてみてはいかがでしょうか。

最近ハマっているものからも、相手の趣味が見えてくるでしょう。

必ずしも趣味が一致していなくても、たとえば食べることが好き、自己表現する趣味があるなど。

共通枠が同じなら、相手とは気が合う可能性が高いです。

ほかにも、アウトドアよりもインドア派、実家は田舎で野菜作りをしているなど。

生活パターンや環境なども、相性を決めるポイントになります。

あまりにも自分とかけ離れている人よりも、似ているポイントが多い人のほうが、付き合いやすいかもしれませんね。

仕事へのスタンスが同じかどうか

相手の職種を知ったなら、相手が日ごろどんな風に仕事をしているのか。

それとなく仕事の話を振って、チェックしてみてはいかがでしょうか。

仕事に苦労して、人間関係に悩んでいるのか。仕事は仕事と割り切って、趣味に勤しんでいるのか。はたまた、楽しそうに仕事をしているのか。

仕事へのスタンスに共感できると、相手の気持ちに共感しやすく、関係も図りやすいでしょう。

必ずしも同じ仕事である必要はありません。

ただし、仕事から相手の性格、生活、行動パターンが見えてくることは多いです。

どんな仕事をしていて、どんなふうに一日を過ごしているのか、最低限確認しておきましょう。

性格が似ているかどうか

性格が似ているかどうか

やさしい性格なのか、引っ込み思案なタイプなのか。はたまた、短気で感情的な人なのか、アクティブで前向きな性格なのか。

自分と似ている性格だと、似た者同士ということで、相性は自然と良くなるでしょう。

性格というのは、大人になってしまうと、なかなか変わらないもの。

2人の関係性を大きく決めるポイントなので、できるだけ「いいな」と感じられる性格、タイプの相手を選んだほうが、関係は上手くいきやすいです。

価値観が近いかどうか

価値観も性格と似て、普遍的なものです。

お金の価値観、恋愛の価値観など、相手がどんなふうに考えているのか。

相手と仲良くなっていくなかで、判断できるといいと思います。

それこそ、お金の使い方、異性との付き合い方も、人によって様々です。

相手の考え方に共感ができそうなら、相性は悪くないでしょう。

相性がわかってきたら

好きな人ができて、相性が良さそうな人なら、もはやアタックするのみです。

人生のなかで、相性のいい人との出会いは、そうあるものではありません。

出会いを大切にして、好きな人との恋愛を大いに楽しんでくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)