あなたの周りに「俺、彼女いらないんだ」と話す男性はいませんか?

「それって本当なの?」と思わず疑いたくなるような発言なので、本心ではどう思っているのか気になりますよね。

そこで今回は、男性の体験談のなかから「彼女いらない」発言の本音に迫ります。

どういう意味?「俺、彼女いらないんだ」と言う男性の心理とは

本当は欲しいけど…

「かっこつける感じでつい言ってしまうことがあります。彼女がいないことのほうが多い=モテない男って思われたくないから(笑)

『別に困ってませんよ~』って思ってもらいたいだけだから、もし身近に言い寄ってくれる子がいればコロっといってしまいますね」(23歳/SE)

「彼女がいなくても困っていないアピール」が本音の男性もいるようです。

女性の前でかっこつけたいタイプの男性や、プライドが高い男性はとくに、本音と違った発言をしてしまうこともあるみたい。

あえて逆の発言をしてかっこつけていると、女性から「本当にいらないんだ」と思われて、せっかくの出会いを逃してしまいそうな気もしますが……。

本当にいらないと思っている

「俺は本当にそう思ってるから、はっきり『彼女いらない』って言います。男って日常生活が充実してると彼女がいなくても日々楽しいもんなんですよ。

男同士でいつも集まったり、仲のいい女友達がいたりすれば、彼女の必要性が薄れてくる。実際周りにもそういうタイプの男が多い!」(25歳/営業)

本当に『彼女はいらない』と思っている男性は、女性関係以外の面が充実しているようです。

彼女がいることによって束縛を気にしたり、デートの時間を確保することがめんどうだと思ったり……。

そんな男性にとっては、より自由に過ごせる状況のほうが充実した日々を実感できるのですね。

相手の出方をうかがっている

「相手のリアクションが見たくてわざと言う男もいると思う。『彼女いらない』のあとに相手がどんな表情になるか、態度が変わるか様子を見てます。

自分にどれだけ興味を持ってくれているのか判断するのが狙い。駆け引きみたいに見えるかもしれないけど、けっこう有力な方法なんですよ」(26歳/公務員)

ある程度恋愛経験のある男性なら、恋愛テクのひとつとして『彼女はいらない』と言ってみることもあるんだとか。

たとえば、女性の表情に残念そうな色が見られれば脈ありと判断して、その後のアピールを積極的にしてみるなど。

お目当ての女性のハートをつかむ作戦を考えている男性もいるようですよ!

いろんな本音が隠れているよう

男性たちの発言をそのまま受け止める前に、「本音はどうなんだろう?」と一旦立ち止まって考えてみましょう。

今回ご紹介したように、男性のなかにはあえて発言している人もいるようです。

「終わってしまった……」とあきらめるのはまだ早いかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)