特定の男友達との関係性が深まりつつあるとき、「そのまま突き進んでもいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。

友達のままの方がいいのか、恋愛へと踏み切ってしまってもいいのか、決め切れないものですよね。

大切なのは「自分の気持ちをちゃんと確認すること」でしょう。

そこで今回は、男友達と「恋愛に進むべきかどうか」を見極めるポイントを紹介します。

関係を進めるべき?男友達との恋愛に悩んだときの4つの見極め方

行動のタイミングが合うか

恋愛をしていくうえで、「タイミングが合うこと」はとても大事です。

さまざまなことのタイミングがうまく噛み合う相手とは、相性の良さも感じるでしょう。

きっと一緒にいても、居心地がいいはずです。

会いたいと感じるタイミング、会話の受け答えなどのタイミングなどが絶妙に合う男友達とは、恋愛に発展してもうまくいく可能性が高いようです。

今の時点で、どちらかが相手に合わせているような関係性だと、付き合ったところで不満を感じてしまうみたい。

友達としてはよくても恋人としては難しいかもしれませんね。

相手に嫉妬するか

「嫉妬」という感情は、好きという気持ちが強いほど起こりやすいはずです。

たとえば、男友達が他の女性と仲良くしていたり、他の女性のことを褒めたりしたときに、あなたのなかに嫉妬心が芽生えるかもしれません。

この場合は、その男友達にすでに友達以上の感情を抱いている可能性が高いです。

また、よく遊んでいる男友達に「もしも彼女ができたら……」と想像したときに嫌な気持ちになるのであれば、それがあなたの本音でしょう。

男友達との関係性に悩んでいるのなら、そもそも自分自身が「彼とどうなりたいのか」をちゃんと考えてみることが大事になるはず。

彼のダメな部分を受け入れられるか

好きな人や気になる人に対しては、「誰だって少しでも自分をよく見せたい」と思うはず。

ですが、実際に付き合って、いつまでも一緒にいられるような関係性を築いていくためには、「いい部分」ばかりを見せていくことは不可能でしょう。

相手の「ダメな部分」も受け入れることができるのか、そして自分の「ダメな部分」を見せることができるのかは、付き合ううえで大切になるはずです。

お互いの足りない部分をフォローし合えるようなふたりだったら、いい友達からいいパートナーへと進展もできるでしょう。

彼を異性と認識できるか

男友達と友達の一線を越えられるかどうかで最も大きなポイントとなるのが、相手に「異性」を感じることができるかです。

たくさんいる男友達のなかでも、ひとりの男性として魅力的に見えたり、思わずドキッとさせられることがあるという相手もいるでしょう。

そういう気持ちを多少なりとも湧き起こさせてくれるような男友達とは、恋愛へと発展もできるはず。

また、相手もあなたに女性らしさを感じていて、ひとりの女性として扱ってくれるような素振りが見られる場合は、恋愛へと進んでいける可能性は高くなるでしょう。

恋人としてうまくやっていけそう?

男友達と友達の一線を越えてもいいのかどうかに、頭を悩まされることもあるでしょう。

今回紹介した4つの見極め方を参考に、自分の気持ちはもちろん、恋人としてもうまくやっていけそうかどうかをチェックしておきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)