選んだ仕事によって、その人の本質が見えてくる場合もあります。

気になる彼のことをもっと知りたいと感じたら、まずは彼と同じ職業の人の傾向を知るといいかもしれません。

今回は、3つの職業をピックアップ!

実際に、その男性とお付き合いしたことのある女性たちの意見をまとめてみました。

職業別・気になる彼の恋愛タイプは?

1.営業職の男性

「印刷会社で営業をしている彼。普段からハードワークだからか、やたら癒しを求められますね。休みの度にいろんなデートプランで楽しませてくれるのは、提案営業をしている日頃の成果かな(笑)」(26歳/部品メーカー)

「彼は保険の営業をしています。タイプではなかったんですが、絶妙な駆け引きがうまくて、少々断られてもへこまない鋼のメンタルを持っている彼に惹かれました」(24歳/不動産会社)

日々、会社の顔として働いているからこそ、人付き合いが上手く、メンタルも強い傾向があるようです。

そのため休日は、自分を癒やしてくれる彼女を求めているかもしれません。

2.公務員の男性

「彼は市役所勤務です。生まれてから一度も地元を離れたことがないからか、ちょっと頑固で人の意見を聞かないところも。結構マイペースで、振り回されることもあります」(26歳/銀行員)

「彼は県の職員です。公務員という地位がそうさせるのか、すぐに結婚する気はない彼。それでも私が彼から離れていかないって思っているみたい」(25歳/看護師)

公務員の男性は、実際に保守的でプライドの高いタイプが多いのかもしれません。

そんな自分のプライドを満たしてくれて、価値観が似ている女性を求めているようですよ。

3.IT系の男性

「彼はSEです。言葉遣いも服装も一見チャラいのに、いきなり理論的なことを言い出したりで、最初はよくわかんない人だなって思いました。人づきあいは苦手だけど寂しがり屋で、まぁ変わってますね(笑)」(26歳/教育関係)

「アプリを運営する会社で、開発の仕事をしている彼。普段はユルく働いている感じだけど、納期前は残業が半端じゃなく、音信不通になってしまうこともあり、最初は不安でしかなかったですね。今は慣れてきたのか、メリハリがあって逆にいいかなーと思うときも」(25歳/旅行代理店)

比較的自由度の高い職場が多いため、見た目と中身のギャップを感じやすそうです。

偏見を持たず、柔軟に対応できると、IT系の彼の心を掴めるかもしれません。

理想の女性をイメージして♡

必ずしもこれらの職業の男性が、みんな同じタイプとは限りません。

しかし、気になる彼に近づく方法を考えるのに、職業は有力な情報源になりそうです。

彼が求める女性像をイメージしながら、彼との距離を縮めていきましょう!

(愛カツ編集部)