大好きな彼には「いつまでも一緒にいたい」と思われたいものでしょう。

しかし、意図せずうちに、彼に居心地の悪い思いをさせてしまっている女性は多いみたい。

そうやって彼を疲れさせてしまうと「あなたに会いたい」気持ちがぐんぐん減っていってしまうはず。

今回は「居心地の悪い女性のタイプ」を紹介するので、ぜひ反面教師にしてくださいね。

もう付き合えない!男性が逃げたくなる「居心地が悪い」女性って?

几帳面でこだわりが強いタイプ

几帳面でこだわりが強い女性は、なにげなく発している言葉が彼に緊張感を与えているかもしれません。

たとえば、一緒にお店に入ったときに「あの店員、要領悪いよね」「ここのスタッフ、態度ダメすぎ」などの厳しい発言をしたとしましょう。

彼が選んだお店だった場合は、「あなたが選んだお店のせいで私は不快な思いをしている」と責められているように感じるみたい。

あなたが選んだお店だったとしても、なにかにつけ批判や不機嫌そうな態度を取ると、彼は落ち着くことができないはず。

連絡頻度がまめじゃないと怒るタイプ

つきあいたての頃は、お互いの気持ちも高まっているので、連絡頻度がマメになるでしょう。

そのまめな状態を「通常の状態」と思っている女性もいるかもしれません。

しかし、長続きするカップルほど、関係が落ち着くと連絡頻度が下がっているようです。

連絡頻度が減ったからといって、催促をすると、嫌がられる可能性は大でしょう。

彼が連絡を義務と感じると、彼自身でも気づかぬうちに息苦しくなってしまうはず。

過剰に干渉してくるタイプ

「今日なにしていたの?」「誰といたの?」と毎日彼の様子を知りたい女性もいるかもしれません。

しかし、彼に干渉する質問を過剰にしてしまうと、彼は「束縛されている」「監視されている」と窮屈に感じてしまうはず。

付き合いたてのラブラブ期なら、「相手を独占したい」という気持ちが互いにあるので大丈夫なことも多いみたい。

ただ、関係落ち着くにつれて、過剰な質問は彼を疲れさせてしまうことになりがちなので注意しましょう。

かまってちゃんタイプ

「休みの日は彼に必ず会いたい」「会っている間は楽しく過ごしたい」と思う気持ちは分かります。

彼も同じ気持ちを抱いているのであれば問題ありませんが、そうでないことの方が多いでしょう。

「ひとりでボーッとする時間も欲しい」「趣味をたまには優先させたい」「同じ部屋にいても別々のことをしているようなカップルが理想なのに」と思っている可能性もあるはず。

彼の余暇のすべてを欲しがるような「かまってちゃん状態」が続くと、「居心地が悪い」と感じてしまうでしょう。

自分の話ばっかりするタイプ

「自分のことを大好きな彼に知ってほしい」と良かれと思って自分の話ばかりする女性は多いようです。

しかし、この行動は、彼をグッタリさせているかもしれません。

マシンガントークをしている女性は、彼をグッタリさせてしまうみたい。

彼の話を聞くことも意識することが大事でしょう。

また、彼がボーッとしていたいときや、考えごとをしているときは話しかけすぎず、適度に放っておいてあげることも大切です。

顔色ばかり伺うタイプ

彼が少し無言になることや、「態度がいつもと違う」と感じることもあるでしょう。

そんなときに、「怒っているの?」「私なにか悪いことした?」と、不安で彼に色々聞いてしまう女性は多いみたい。

少しの違和感を察知できるのは素敵なことですが、ときに「面倒」と思われてしまうようです。

彼だってボーッとするときや物思いにふける時間もあるはず。

そんなときにアレコレ尋ねてしまうと、彼はゆったりくつろぐことができず、居心地の悪さを感じてしまうかも。

居心地のいい女性はモテる

今回は「居心地の悪い女性のタイプ」を紹介しました。

紹介した6つのタイプが自分と重なる部分があった人もいるかもしれません。

反面教師にして、居心地の良い女性になれるように、気を付けてみてください。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)