自分の恋人のことは誰よりも好きでいたいし、自慢だと思いたいものですよね。

さらに自分の友達が、自分の恋人のことを褒めてくれるのはどうでしょう。もっと嬉しい気持ちになりませんか。

今回は「友達の彼女に対して、男性が『いい子だな』と感じる瞬間」を紹介します。

友達の彼女に対して、男性が「いい子だな」と感じる瞬間3つ

彼氏を「〇〇さん」と呼んでいたとき

「親友が彼女に『〇〇さん』って呼ばれてた。くん、ちゃん付けはよくあるけど、自分の周りにその呼び方をされてる人がいなくて新鮮味がありました。会話にさりげなく 『〇〇さん』って入ってると彼氏を立てている感じがあるので、うらやましいです」(29歳男性/介護福祉士)

「さん付けで呼んでくれる彼女と付き合ってる人っていいな。俺も彼女に立ててもらいたい」(28歳男性/看護師)

彼氏の呼び方一つで「彼氏を立てている彼女」と見られることもあります。

ひそかに「さん付け」で呼ばれることに憧れている男性もいるので、あえて呼び方を変えてみるのもいいかもしれませんね。

しっかり挨拶してくれたとき

「友達の彼女に初めて会ったときに、爽やかに挨拶してくれました。『こんな彼女なら友達に紹介できる』とか、『仕事もきちんとできる素敵な彼女なんだろうな』とか、いろいろうらやましく思いました」(31歳男性/警察官)

「同僚の彼女は自分から挨拶できるタイプでうらやましい。過去に付き合った女性は恥ずかしがるタイプばかりだったので憧れます」(29歳男性/証券会社営業)

照れながら挨拶する姿もかわいいけど、しっかりとした挨拶も男性にとっては好印象のようです。

人当たりのよさは初対面の人の心を掴む大切な要素。

きちんとした挨拶を心がけて、初対面から好印象をゲットしましょう!

見た目がよかったとき

見た目がよかったとき

「美形の彼女をゲットした友人がうらやましい。ぱっと見の第一印象も大事だと実感した」(30歳男性/ウェブデザイナー)

「おしゃれな彼女を連れてる友達に出くわしたとき、彼女はシンプルだけど品のいいファッションにまとめてて、思わず『おっ、素敵だなあ』と目がいきました」(28歳男性/施設警備員)

彼女の内面の魅力は彼氏にしか分からないもの。親しくならないと分からないような魅力ではなく、ぱっと見て分かる魅力なら友達にも伝わります。

一緒に歩くときに彼氏として胸を張れるルックスのよさが彼女にあれば、男友達も素敵だと思ってくれるでしょう。

彼氏が自慢したくなる彼女を目指して

紹介した内容を参考にすれば、あなたも周囲の男性から『素敵な彼女』と思われるかもしれません。

彼氏が思わず自慢したくなるような彼女を、ぜひ目指してみてください。

(愛カツ編集部)