男性のなかには、本気で好きではない女性を「つなぎ彼女」として、付き合っていることもあります。

その場合、本命の女性が現れると簡単に移ってしまうでしょう。

ひどい話のように聞こえますが、「一人で寂しくないように誰かと付き合う」ことは意外とよくある話かもしれません。

もちろん本命とつなぎ彼女とでは、LINEの内容も変わってきます。

今回は、つなぎ彼女に送りがちなLINEの特徴を5つご紹介します。

本命と全然違う!男性が「つなぎ彼女」に送りがちなLINE

「おはよう」「おやすみ」は無視

あいさつLINEを送り合っているカップルは多いでしょう。

しかし、「おはよう」「おやすみ」に既読だけつけて返信がない場合、彼は本気じゃないかもしれません。

また、彼から率先して「おはよう」なんて送ってくることもないでしょう。

返信がひと言

「うん」「そっか」などひと言の返信。

もしかしたら話下手なだけかもしれませんが、こんなふうに話を広げられない返信がつづく場合は要注意ですよ。

絵文字やスタンプがなくそっけない

男性のなかには、普段からスタンプや絵文字を使わない人もいるので、一概には言えません。

しかし、まるで怒っているようなそっけない返信がつづくなら、本気でお付き合いしていないことも考えた方がいいかもしれません。

肝心の質問に返信しない

男性は、本命ではない女性から「なんでそういう態度なの?おかしいよ」と責められたり「私たち付き合っているって言えるの?」とプレッシャーをかけられることが大嫌いです。

なるべく明らかにしたくない質問には答えたくないもの。

そんなLINEを送ったら最後、もう二度と返信は来ないかもしれません。

デートの感想を言わない

男性は、つなぎ彼女とのデートに感想を抱きません。

もしも彼女が「楽しかったね」と言ってきたら、男性も同じ言葉を返す程度。

何が良くて、どこが楽しかったのかなんて、わざわざ語りません。

彼の心の中に感想があっても、それを文章にしないのです。

彼女を褒めない

何気ないことでも、彼女を褒める男性は多いもの。

しかし、妥協でお付き合いをしている相手にはまったくその態度を見せないでしょう。

ポイントは大きく分けて3つ

大まかなポイントはこちらです。

・すべてではないが、こちらからの提案や、デート日を却下されることが多い
・却下ではなく、そもそもそれに対してイエスかノーかLINEが来ないので困る
・彼の都合に合わせるが、それでもテンションが低い

彼は本気で付き合ってくれていないかも……と不安に思ったら、日頃のLINEを確認してみてくださいね。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)