職業によって違いはありますが、ある一定の時期に仕事が立て込む人は案外少なくないかもしれません。

あなたの彼氏も、その一人。普段からあなたのことを大切にしていますが、仕事の繁忙期になると想像以上に忙しくしていることもあるでしょう。

そんなときは彼のことを理解し、そっと支えてあげられると素敵ですね。

今回は「彼氏が忙しいときのNG行動」を紹介しますので、参考にしてみてください。

思いやりを忘れないで!彼氏が忙しいときのNG行動3つ

「毎日の連絡」を強要する

「毎日朝早くから遅くまでつづくなかなかハードな仕事で、連絡をまめにできる状況ではないんです。それを彼女は理解してくれているはずなのに、毎日おはようやおやすみなどの決まった時間に連絡を取り合おうとするんです。ちょっとは気使ってくれ!」(33歳男性/美容師)

毎日必ず連絡をするルールは、仕事が忙しくて自分の時間が少ない彼にとっては負担かもしれません。

毎日の連絡を無理強いしたことがきっかけで、2人の関係に溝ができてしまう可能性もあります。

無理のない範囲で連絡を取り合うのがお約束。彼の時間をもっと大切にしてあげるのも、彼女の役目です。

そのかわり会ったときにはじっくりお互いのことを話して、お互いを理解し合うのが、末永く幸せでいるためのコツですよ!

「本当に仕事で忙しいの?」と言う

「決算で仕事が立て込んでいる時期に、忙しすぎてなかなか彼女と会う時間が取れずにいました。仕事帰りの遅い時間に少しだけ彼女に会えたとき『本当に仕事で忙しいの?』って言われてイラっとしましたね。ねぎらいの言葉をかけてほしかったのに……」(31歳男性/営業)

「本当に仕事で忙しいの?」という言葉は、思わず口にしてしまいがちな言葉ですが、言ってしまうと彼との信頼関係を崩してしまいかねません。

彼のことをもっと信用してあげれば、自然と出てこない言葉でしょう。

「遅くまでお疲れ様」や「忙しいのに会う時間作ってくれてありがとう」など、彼を思いやる言葉をかけて、少しでも彼の疲れを吹き飛ばしてあげてください。

久しぶりに会ったのに自分ばかり話す

久しぶりに会ったのに自分ばかり話す

「忙しい時期がやっと終わり、彼女と久しぶりのデートをしたとき、俺がしゃべるスキもないくらい自分のことばかり話し始めたんです。おいおい疲れてんだから、俺の話もちょっとは聞けよと思いました」(30歳男性/SE)

仕事で疲れている彼をスッキリさせてあげるために、まずは彼の話を聞いてあげましょう。

自分の話はそれから。あなたと一緒にいることで癒やされたと、彼が感じる時間を作るのも大切です。

たまにはのんびりとした気分で、公園や隠れ家的カフェでまったり過ごしてみるのもおすすめ。

会話の際には適度な間を持たせるのが、空気にゆとりを持たせるコツです。

思いやりのある行動を心がけて

仕事で忙しい彼に、自分の思いだけをぶつけるのはタブー。彼の気持ちを考えた、思いやりのある行動を心がけましょう。

その思いやりは、きっと彼の心にも届くはずです。

(愛カツ編集部)