恋愛する際には、LINEでのやり取りも重要になってきます。

しかし、「文字だけだと脈ありが分かりにくい」「男性の気持ちを見抜きにくい」など、LINE特有の悩みも尽きないですよね。

本記事ではLINEの内容で見抜く、男性の本命サインを5つご紹介していきます。

ぜひ当てはまるかどうかチェックして、男性との距離感を縮めるヒントにしてみてくださいね。

LINEの内容で見抜く!男性の本命サイン5つ

口説くためのリサーチをする

「好きな人には質問攻めしちゃいます。絶対にデートを成功させたいんです」(23歳男性/営業)

恋愛を進展させるつもりの男性は、週末の過ごし方・好きな食べ物など、本命女性の好みを丁寧にリサーチしてくれます。

効果的なアプローチをするために、質問から情報収集しているのです。

女性好みのレストランを予約してくれたり、デートプランを提案してくれたり……。

こうした寄り添いも見られるとしたら、男性の本気度は高いかもしれませんよ。

考えてから返信している

「何回も文字を書き直してから返信しているから、つい時間がかかっちゃうんですよね」(26歳男性/公務員)

「即レス=本気」とは限らず、むしろ好きだからこそ返信に時間をかける男性が少なくありません。

「今の女性の気持ちは?」「なんて聞くと喜んでくれる?」と、女性目線で考えたうえで返信内容を決めているのです。

届いたLINEを男性目線で客観視して、思いやりや工夫が隠れていないかチェックしてみましょう。

挨拶や気配りの言葉がある

「好きな人から『おやすみ』って言われるとドキドキしますよね。ちょっとしたことでも喜んでいます」(21歳男性/大学生)

本命女性には丁寧な印象を与えたいと感じます。

「おはよう」「お疲れ様」「なるほどね」などの細かな言葉を省略せず、しっかりと添えてくれるでしょう。

また、こうした言葉を伝えあうことで、恋人気分を楽しめるメリットもあります。

女性と日常的に関わりたいと思っているからこそ、丁寧に言葉をかけてくれるのかもしれませんね。

会おうとする

「デートするために、先にLINEで仲良くなっておきます。急に誘っても引いちゃうだろうから」(28歳男性/経理)

本気で好きならLINEのやり取りだけでは満足できません。

「会ってデートしたい」と感じることが自然です。

そのため、LINEである程度距の離感を縮めたら、具体的なデートや食事の誘いが届きます。

なかには誘う勇気が出ずに、LINEをダラダラと続ける男性もいるみたい。

こうした場合は、女性から「この映画気になる」「あのお店行ってみたい」と自然に話題を振って、誘いやすい流れを作ってもいいかもしれません。

なるべく既読スルーはしない

「本当はすぐにでも返信したいけど、いつも残業で遅くなるんですよね。仕事終わりのLINEはご褒美みたいな感じです」(30歳男性/教育)

本命であっても、忙しくて未読が続くことはあります。

しかし、既読後は不安にさせないように、なるべく早く返信してくれるでしょう。

ただし、返信を考えすぎて時間がかかるケースもあるようです。

返信の有無だけでなく、メッセージの質でも判断しましょう。

また、そもそもLINEが苦手な男性の場合は、デートなどの対面での態度の方が、脈ありを見抜く参考になるかもしれませんよ。

本命サインが出ているなら前向きに!

男性が脈ありか分からないと、「失敗したら怖い」「傷つきたくない」と恋愛感情にブレーキがかかりますよね。

だからこそ、今回ご紹介したような項目を活用して、男性心理を見抜くことが大切。

本命サインが出ているなら、ぜひ前向きにとらえて、積極的に恋愛を楽しみましょう。

もちろん、今回ご紹介した項目に当てはまらない男性もいます。

ほかの本命サインや脈ありサインもインプットして、より恋愛上手になっちゃいましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)