片思いの彼から突然距離を置かれてしまったなんて経験はありませんか。

「なにかしちゃったかな」と不安を感じるでしょうし、すごく悲しい気持ちにもなるでしょう。

ですがすぐに諦めなければいけない、という訳ではありません。

今回は「好きな人から避けられたときの対処法」を紹介します。

4つのパターンからひも解く!好きな人から避けられたときの対処法

1.かけ引きされている場合

男性も女性と同様に、気になる相手には「かけ引き」をすることがあります。

メールの返信が遅くても帰ってくる、デートを断られたけど後日誘われた、などはかけ引きの可能性が高いです。

そっけなくしておいて、アナタに自分のことを考えさせる時間を増やす狙いです。

このようなときはドーンとかまえて、焦らずにコミュニケーションを取っていきましょう。

2.自分の好意がばれてしまっている場合

あなたの好意が彼に伝わってしまったとき、男性はあなたと「付き合うのはありかなしか」を考えます。

距離を置かれてしまっているときは「現時点では恋愛対象として見ることができない」ということ。

なにかのきっかけで相手の気持ちが変わるかもしれませんが、いまのところは深追いしないほうがいいでしょう。

一度、諦めるつもりで距離を置いてみて。そして「恋愛感情」を抜きに友達としての関係を築いてみましょう。

信頼関係を深めたうえで改めてアピールすれば、違う結果になるかもしれません。

3.相手に「嫌われている」と誤解されている場合

イイ感じになった男性にそっけなく接してしまった、ちょっとしたお願いを断ってしまった……などの理由で彼が「あなたに嫌われてしまった」と思ってしまう場合があります。

そのようなときは、誤解だということを分かってもらいましょう。

あなたから積極的にデートに誘ったり相手を褒めたりすることで、好意を伝えることが大事です。

4.「周りにバレたくない」と思われている場合

ほかの人にからかわれたくない、余計なトラブルは起こしたくないなどの理由で周囲には2人の関係を隠したいと思っている可能性があります。

そっけないけれどメールに返信してくれる、デートの約束をしている、2人きりのときは普通に接してくれる。

このような態度を相手がとっていたら、嫌われてはいません。

ほかの人に悟られたくないだけなので、2人きりでのコミュニケーションで距離を縮めましょう。

相手との関係を適切に持って

避けられていると感じたときは、その理由をしっかり見極めることがまずは大切です。

そうでないと、彼との関係が余計にややこしくなるかも。

相手との関係を適切に持つことで、恋を進展させていきましょう。

あなたの恋がうまくいきますように!

(愛カツ編集部)