脈ありに見えた男性が「じつは脈なしだった」となると、とても残念ですよね。

しかし、なかにはまぎわらしい態度で女性を惑わす男性もいます。

本記事では、思わせぶりな男性の特徴を4つご紹介します。

ぜひ早い段階で男性心理を見抜いて、後でガッカリするリスクを減らしましょう。

え、脈なしだったの?思わせぶりな男性の特徴4つ

モテる=ステータスだと思っている

自分に自信が持てない男性には、より多くの女性から好かれることで、心のバランスを保っている人もいます。

愛されている自分を実感することで、自己肯定感を高めようとしているのです。

つまり、「モテる=ステータス」だと思っているということ。

女性と恋愛をしたいのではなく、モテる自分であり続けることが目的になっています。

そのため、いざ交際を迫るとごまかしたり、「好きだよ」と曖昧な返答をするでしょう。

関係性をはっきりさせたくない様子の場合、付き合うことよりモテることを重視しているのかもしれません。

また、女性から好意を向けられた途端にスッと冷める男性も多いです。

目標を達成したことが分かり、「もう頑張らなくてもいい」と思っている可能性があります。

女性からしてみるととても悲しい結末ですよね。

本命以外の女性をキープしている

本命の女性がいるにもかかわらず、ほかにも複数人の女性をキープしていることがあります。

本命と上手くいかなくなったときに、乗り換えたり浮気する相手を確保しているのです。

また、寂しさや孤独に弱くて、常に女性と関わりを持ちたいのかもしれません。

別れてから付き合うまでの期間が近い、彼女が途切れないなどの特徴は、常に女性を求めているサイン。

いまの彼女との関係性が悪化すると、あっさりと別れてしまうなんてことも。

もし付き合えたとしても、同様に乗り換えられる可能性を視野に入れましょう。

恋愛感情ではなく下心で接している

恋愛感情ではなく下心で接している

男性には「愛情」と「下心」を明確に分ける人も多いようです。

恋愛感情はまったくなく、下心だけで接している……なんてケースが考えられます。

こうした男性は愛情を求めていないので、恋人らしいやり取りや告白を嫌がるみたい。

また、告白などのステップを飛ばして、一気に関係性を進めようとします。

中途半端なまま「いつか告白してくれるかも」「付き合っているってことだよね?」とスルーするのは危険かも。

下心だけの男性を好きになると、後々とても辛い思いをしてしまいます。

ちょっとでも違和感を覚えたら、直感を信じて慎重になりましょう。

本気度の高い男性であれば、慎重になった女性を見て「安心させよう」「誠実に振舞おう」と感じるはずですよ。

優柔不断で他人に依存したい

他人への依存心から、愛されるために愛想を振りまいている可能性も考えられます。

孤独や不安を埋めるために、男性の欲求を満たしてくれる人間関係を求めているのです。

女性のことが好きというより、「自分の存在を肯定してほしい」「嫌われたくない」といった感覚。

そのため、自分が満たされることを優先しすぎて、女性への愛情や思いやりに欠ける傾向があります。

依存心が強い場合、「自分を愛してくれる女性=好き」と認識していることも。

これでは一方通行の恋愛になり、いつまでたっても女性側が満たされません。

好きな人へ、一途に愛情を注ぐこと自体はOK。

ですが、お互いに愛情を注ぎ合える関係性かどうかも振り返りましょう。

思わせぶりな言動に惑わされないで!

恋愛への期待値が高まるほどに、男性の思わせぶりな言動を「きっと大丈夫」とスルーしやすくなります。

しかし、ふとした違和感からは目をそらさないほうがいいかも。

誠実な男性であれば、女性を不安にさせるような振る舞いを避けます。

ぜひ、本気度の低い男性を早めに見抜き、明るい恋愛経験を増やしていきましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)