そろそろプロポーズしてくれそう……と期待しつつも、あっという間に時間だけが過ぎていく、なんてことはありませんか?

彼氏がなかなかプロポーズをしてくれない理由は、彼女の「ある部分」が原因かもしれません。

そこで今回は、男性がプロポーズをためらってしまう理由をピックアップしてみました。

プロポーズを待っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ココが気になる!男性がプロポーズをためらう理由

突然高額のものを買う

「なにを買うかは本人の自由ですけど、思わず『高ッ!』と言ってしまいたくなるものを、突然買ってこられると、さすがにプロポーズはためらってしまいますね……」(30歳男性/介護福祉士)

結婚を望んでいるなら、いまの自分が本当にいいお嫁さんになれるかどうか、いちど客観的に見つめ直してみてもいいかもしれません。

もし収入がたくさんあっても、彼が安心して一緒に暮らせるようなお金の使い方を考えることで、プロポーズへの近道になるはずです。

部屋の掃除が適当

「彼女の部屋は一見片づけてはあるようには見えるけど、ものが一か所に積まれたままで、家具はホコリだらけ……。
正直、こんなに掃除が苦手な彼女と結婚しても大丈夫かな?って思ってしまいます」(28歳男性/会社員)

おうちデートが定番になっているカップルは多いかもしれませんが、彼女の生活スタイルをチェックしている男性は多い傾向です。

彼が来るときだけ綺麗に見せようとしても、すぐにバレてしまうでしょう。

一緒に生活しても大丈夫だと感じてもらうためにも、普段から掃除を習慣にしておくのはいかがでしょうか。

後から打ち明けられることが多い

後から打ち明けられることが多い

「彼女はよく『じつはあのときね……』と、神妙な顔で、自分が知らない事実を打ち明けてくるんです。
本人に悪気はないにせよ、信頼されてないような気がして、なかなかプロポーズを切り出せません」(32歳男性/自営業)

なにかひとつでも、秘密にしていることがバレてしまうと、信用を取りもどすことは難しいもの。

たとえ言いにくいことでも、なるべく素直に打ち明け、彼に早めに相談することを意識するといいでしょう。

「男なんだから~」と言われる

「彼女は、『かっこいい姿見せてよ』『彼氏なんだからしっかりしてよ』と言うのが口ぐせなんです。
強い男になりたいとは思いますが、彼女からのプレッシャーを感じるたび、プロポーズが遠のいていく気がしますね」(35歳男性/飲食店経営)

意外と男性は「結婚後どんな奥さんになるか?」と想像しているものです。

励ましたつもりでも、言い方によっては「キツい奥さんになりそう」と思われてしまうことも……。

彼が草食系の男性ならなおさら、「一緒に頑張るカップル」を目指したほうがいいかもしれませんね。

素直に彼の気持ちも聞いてみよう

彼とフェアな関係を築きたいなら、「私と一緒にいて不安になることとかない?」「もっとしてほしいことある?」など、彼の気持ちを素直に聞いてみることが大切。

少し勇気が必要かもしれませんが、勇気と覚悟でプロポーズをしてくれる彼のためですから、素直な心を見せてあげましょう。

そうすれば、彼が「プロポーズするならこの子しかいない!」と思えるくらいの彼女になれるはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)