恋人同士まであと一歩なのに、結局恋人未満で終わってしまった……という経験はありませんか?

最初は好感触だったにもかかわらず、ささいな言動がきっかけになり、恋愛対象外になってしまうこともあるようです。

そこで今回は、女性の言動で萎えてしまった経験を、男性に話してもらいました。

「いい感じだったのに…」男性が萎えたNG言動3つ

共感するフリをして自分語り

「以前SNSで仲良くなって、何度かデートをした女性は、やたらと自分の話をする人でした。
こちらが話している途中でも、平気で『あ、わかる。それって○○だよね』と話をさえぎってくるんです。

最初はそれでもいいけど、だんだん会話するのが億劫になってしまい、気持ちが冷めていきました」(24歳男性/会社員)

楽しくおしゃべりができるのはいいことですが、自分だけが楽しんでいては、せっかくのデートも台無しですよね。

聞き上手な彼だとしても、自分ばかりしゃべるのではなく、彼の話を聞いてあげてくださいね。

彼に共感しつつ質問をしていれば、きっと、印象アップにつながるはずです。

「~のほうがいい」を押し付ける

「学生時代の女友達といい雰囲気に。彼女はなんでも積極的に提案をしてくれますが、ちょっと押し付けがましいところがあるんです。
『朝早いと、しんどいじゃん?のんびり昼からデートしない?』とか、『そっちよりも、こっちのほうがいいじゃん!』などなど……。

どうしてもそれが受け入れられなくて、結局友達のままでした」(28歳男性/公務員)

恋愛感情が盛り上がってくると、自分の理想を求めてしまうため、ついつい視野が狭くなることもあります。

自分の希望を伝えることも大切ですが、『それもいいけど、○○はどう?』と、相手の意見を尊重しながら提案するほうがいいかもしれませんね。

相手がおとなしめの草食系の男性でも、自分勝手にリードしないように注意したいところです。

所作がなんとなく荒々しい

所作がなんとなく荒々しい

「取引先で会った、同い年の女性と気が合い、食事に行くことになりました。
自分を飾らない彼女に好印象を持っていましたが、荒々しく雑な言動が目につくように……。

スマホやグラスをテーブルにドン!と置いたり、座ったときの姿勢が悪かったりするのを見ていると、異性としての魅力はなくなっていきました」(32歳男性/会社員)

いまどき「女らしく」「男らしく」というのは古臭いかもしれませんが、男女ともに下品よりも、上品なほうが好印象なのは確かです。

品よく振る舞うことで、相手への気遣いにもなります。

リラックスして話せるようになってきたときこそ、自分の言動や仕草を客観的にチェックしておきたいですね。

会うたびに好印象をプラスしよう

第一印象はとても大切ですが、それはあくまでスタートにすぎません。

最初だけでなく、会うたびに「そういうところ、いいな」と思ってもらえるポイントが増えていくのが理想的!

普段の言動や気遣いの仕方など、コミュニケーションスキルを重点的に磨いてみるのはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)