あざとくても、かわいく魅力的な女性が、支持されやすい現代。

旬の「あざとかわいい女性」は、モテる近道と言えるでしょう。

でも、そんなあざとかわいさを身に付ける方法がわからない人も多いはず。

そこで今回は、男女が「あざとくてもかわいい!」と思うポイントから、あざとかわいい女性に近付くコツをお伝えしていきます!

男女問わずモテる!流行りの「あざとかわいい」入門編

リアクションはオーバー気味に

「『すごい!』『おいしい!』とか、リアクションが大きい子は、わざとだなと思ってもやっぱり素直で可愛いなって思います」(29歳男性/営業)

自分の感情は、意外と人に伝わっていないものです。

とはいえ、相手がどんな感情なのか、どんな反応を見せてくれるのか、相手のリアクションが気になるのが人の心理。

だからこそ、わかりやすい反応は相手を安心させることにつながり、素直でかわいいあざとさにつながります。

褒めることを恥ずかしがらない

「恥ずかしがらずに『かっこいいね!』『私は好きですよ』とかストレートに言われるとグッときます。
あざといなぁとも思うけど、悪い気はしないですよね」(31歳男性/販売)

男女問わず、他人を褒めることに対して恥ずかしい、苦手と思う人は少なくないと思います。

でも、褒められて嬉しくない人はいないはず。

いい!と思うことを恥ずかしがらずに言葉にできる勇気を持つことも、あざとかわいい女性に近付くポイントと言えるでしょう。

周りの意見に合わせ過ぎない

周りの意見に合わせ過ぎない

「周りと違っても、『私はこう思う!』と自分の意見を主張できる子ってかっこいい。
周りと違うアピールに少しあざとさを感じるけど、周りに流されてYESしか言わない子よりもずっと魅力的」(26歳女性/WEBデザイン)

協調性は大切ですが、なんでも周りに合わせたり相手の気持ちを忖度したりの「空気を読み過ぎる人」になってしまうのは考えもの。

面白みがない、自分がない人と思われやすい傾向があります。

いい意味で空気を読まず、自分の意見を主張できる強さもあざとかわいい要素のひとつです。

それが相手の心に留まる存在感につながるのでしょう。

距離感を一歩縮める

「『ゴミついてるよ』と言うだけじゃなくて手を伸ばして取ってあげるとか、ボディタッチが上手な子は、典型的なあざとかわいい女性だなって思います」(26歳女性/経理)

他人との距離感が近い女性は、あざといと思われがちですが、相手に好かれやすいです。

些細なことでも相手に一歩近付く意識が、親しみやすさを与え、モテる魅力につながるのでしょう。

ただ、過度なスキンシップは逆効果。

ボディタッチのさじ加減が絶妙なことも、あざとかわいさを身に付けるポイントです。

あざとさを武器に!

あざとさを身に付けることに、抵抗感がある人もいるかもしれません。

でも、あざとかわいさは、素直でわかりやすい魅力でもあるのです。

かわいく親しみやすいあざとさで、愛されキャラを目指してみませんか?

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)