職場に好きな人がいると、仕事で気まずくなるのが心配になってしまい、アプローチも控えめになりがちですよね。

そんなときは、彼に「相性がいい」と思わせて、あなたの魅力をナチュラルに刷り込む方法がおすすめです。

今回は、職場の気になる男性に「相性いいかも」と思わせるコツを紹介します。

職場の気になる男性に「相性いいかも」と思わせるコツ4つ

彼と同じビジネス本を読む

職場の気になる男性に「相性いいかも」と思わせる方法として、彼と同じビジネス本を読むことが挙げられます。

本は自分が好きで買っているものなので、読んだあとも内容を覚えていることが多いはず。

同じ本に共感していることが分かれば、自然とお互いの考え方を知りたくなるでしょう。

彼はどんな本を読んでいるのか、普段チェックしておくようにしましょう。

ミーティングで彼の意見を後押しする

彼を含めたメンバーでミーティングをするような場面。

ここで、彼の意見を後押しするフォローを入れると、「相性がいい」と思わせることができます。

彼が「A案がいいと思う」と言ったら、あなたもA案に賛同し、それがいい理由を考えて自分の言葉で語るのです。

男性にとって、意見は自分らしさやアイデンティティーが表れるもの。

意見を肯定されれば、彼は「自分自身を肯定してくれた」と感じますよ。

彼専用の相談係になる

カレ専用の相談係になる

気がつくと、あなたはいつも彼の愚痴聞きや相談係になっている……。

そんな状態をわざと作るのもおすすめです。

いわゆる彼専用の「相談係」になるということ。

彼の企画が通りやすくなるようなサポートをする、彼に有利になる情報提供をする、など。

彼にとって、あなたが唯一無二の存在になることができれば、相性のよさをアピールできますよ。

絶妙なタイミングで助け船を出す

彼がなにかに困っているときに絶妙なタイミングで助け船を出すことで、相性のよさを感じてもらえるでしょう。

人は思考回路や価値観が合うだけでなく、フィーリングや波長といった、「理屈で説明できないもの」が一致するだけでも相性のよさを感じます。

いつもあなたに助けられている、あなたと関わると運がいい。

そんな法則に気付いた彼は、あなたのことを「運命の女性」であるように感じる可能性も。

彼の動きを観察し、ここぞという場面でサポートできる体制を整えておきましょう。

ひっそりとしたアプローチが重要

今回紹介した内容は、決してむずかしい内容ではないはず。

隠れた場面でアプローチをして、相性のよさを感じさせましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)