念願のデートなのに、恋人や気になる彼から「デートをしてもつまらない」なんて思われたくないですよね。

一体どんなことが「つまらない女」と感じさせてしまう要因になるのでしょう?

そこで今回は、注意したいNG言動を5つピックアップしました。

当てはまるものがないか、要チェックです。

残念すぎる…デートで男性に「つまらない女」と思われるNG言動5選

ネガティブ発言が多い

ついつい「私なんて……」というネガティブな発言をしてしまうこともあると思います。

でも、そんなことをデート中に言われても、男性は反応に困りますよね。

「そんなことないよ」という相手からの承認を期待する気持ちもわかりますが、ネガティブ発言が多いのは、デートの楽しい雰囲気を壊してしまうかも。

謙虚な姿勢は大事にしつつ、自虐ネタ、ネガティブ発言は少し控えた方が、楽しいデートの時間となるでしょう。

理想像を押し付ける

女性なら誰しも、男性には上手にリードしてほしいとか、ちょっとかっこいいところを見せてほしい、など理想の男性像を持っていると思います。

とはいえ「やっぱり男性って〇〇な人がいい!」というような「理想の男性像の押し付け」はNGです。

相手を気落ちさせてしまう可能性もあるので、理想は胸のなかに秘めて、目の前の男性のいいところに注目しましょう。

希望をあとから言う

希望をあとから言う

なにかを買ってもらったり、食事に行ったりしたとき、そのときは喜ぶものの、あとから「〇〇のほうがよかった」といってしまったこともあるかもしれません。

自分では遠慮しているつもりでも、相手をがっかりさせてしまうので要注意。

選べるときは、自分の好みをハッキリと。

プレゼントされた後ならば、相手の気持ちを大切にしてあげましょう。

大切なのは彼と、心を通わせることです。

デート後のLINEがない

「帰るまでが遠足」と同じく、デートもそうです。

バイバイしてそこで終わりではなく、デート後に感想のLINEがないと、相手をガッカリさせてしまうようです。

ベタでもいいので「楽しかった!また行きたいな~」という感謝や喜び、これからの期待を伝えるようにしておきましょう。

話したことを覚えていない

デートの中で、会話はもっとも重要なウエイトを占めているといえるでしょう。

話したことひとつひとつが、ふたりの思い出となり信頼や愛を作っていきます。

それなのに、話したことを覚えていないと、とても寂しい気持ちになってしまいますよね。

デートのあと、帰り道や寝る前に、今日話したことを思い返してみましょう。

こうすると、かなりの会話を、記憶にとどめておけるはずです。

相手の気持ちを大事に

デート中は、一瞬一瞬が思い出になるもの。

「彼はどう感じるだろう?」と、相手の気持ちを考えながら行動してみることが大事です。

自然に心からそう考えて行動できると、「早くまた会いたい」と思われる愛され女性となるでしょう。

(山田 あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)