好きな人から告白してもらえないと、「寂しい」「付き合いたいのに」と悩んでしまいますよね。

いったいなにが告白の決め手になるのでしょうか。

本記事では、男性が「彼女にしたい」と思う女性の特徴をご紹介していきます。

告白を引き出すためのヒントにしてみてくださいね。

君といると幸せ♡男性が「彼女にしたい」と思う女性の特徴

モテるけど誠実

「ほかに狙っている男性がいると焦ります。『早く告白して自分だけの彼女にしないと』って思うんです」(25歳男性/コンサル)

モテる女性の方が特別感が生まれて、手に入れたくなります。

しかし、モテるからといって浮気はしてほしくないみたい。

周囲から愛されるけど彼氏に一途な女性と、「付き合いたい」と感じるようですよ。

このバランスをとるには、普段から女性らしさを磨いて、外見的な魅力をアップさせることがポイント。

また、笑顔が多くて愛想が良い女性は、誰からも愛されやすくなります。

この際、不用意に嫉妬心を刺激しすぎると、「この女性と付き合うと浮気されるかも」と心配させる原因に。

いい感じの男性がいる時には、ほかの異性と親しくしすぎないように気を付けましょう。

自分の意志を持っている

「仕事や趣味に一生懸命なところに惚れました。人として尊敬できるし、告白しないとどこかに行っちゃいそうな気もしたんです」(30歳男性/不動産)

好印象を与えるには、相手の気持ちを尊重することが大切。

とはいえ、なんでも受け入れて優柔不断になると、「つまらない」と思われやすくなるデメリットもあります。

男性が彼女にしたいと思う女性は、気遣いをしつつも、自分の意志を持って発言・行動できるみたい。

これにより、接するたびに良い摩擦が生まれて刺激的になります。

自分勝手すぎるとワガママな印象を与えてしまいますよね。

他人と自分の両方を大切にできるよう、バランスよく振舞いましょう。

ノリが良くて場が和む

「綺麗な女性だから緊張していたけど、話しやすいからトントン拍子で告白できました」(28歳男性/事務)

女性のノリが良いと、会話やデートのハードルが下がります。

付き合った場合をリアルに想像でき、男性が行動する原動力に繋がるでしょう。

また、肯定的なリアクションが多いと、「告白しても嫌な雰囲気にはならない」という安心感を与えられるようです。

男性にとって告白は大きな勇気が要る行動。

失恋すれば深い傷を負いますし、自信を失うリスクだってあります。

男性が心置きなく告白できる環境づくりのために、ノリや愛想を良くして雰囲気を高めましょう。

男性を立てることができる

「気遣いできる女性が好きです。一緒にいてモチベーションが上がると、彼女になってほしいと思っちゃいます」(31歳男性/自営業)

聞き上手や褒め上手な女性は、男性のモチベーションを上げられます。

これにより、「この子といると自分らしくなれる」と思わせることができるんです。

女性が欠かせない存在になった時、この先も一緒にいるために男性は告白を決意します。

仕事などをエネルギッシュに頑張っている男性ほど、女性に癒しや心の支えなどの役割を求めるみたい。

男性と会っているときには、男性の心の動きに注目して、優しい言葉遣いや振る舞いを意識しましょう。

告白したくなる流れを作ろう!

男性が告白を覚悟する際には、さまざまな背景が隠れていることがうかがえますね。

女性らしさを磨いたり、男性への寄り添いを増やしたり、自立心とのバランスを取ったり……。

こうした工夫の積み重ねが、告白したくなる流れを生み出しているんです。

いきなり全部を実行すると大変なので、できることからひとつずつ試していけばOK。

男性の性格によっても求める女性像が異なるため、試行錯誤しながらいろいろな工夫を重ねてみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)