男性が愛する女性からされて嬉しいことのひとつ、それがキスです。

雰囲気たっぷりのときにされるキスも嬉しいものですが、不意打ちで女性からキスされると、興奮と感動が倍増なのだとか。

不意打ちのキスは思い出すだけでニヤけてしまいますね。

女性ももちろん不意打ちはドキドキしてしまいますが、気持ちを伝えるには効果てきめんです。

今回は実際の男性の経験談を交え、不意打ちキスのタイミングをご紹介します。

彼をドキドキさせる!効果的な「不意打ちキス」のタイミング!

サヨナラした後で…

「デートの後、歩いて帰っている僕を彼女が後ろから追いかけてきて、キスしてきたんです。
で、またそのまま走って帰って行っちゃった。びっくりしたけど、うれしかったですね」(30歳男性/製造)

お別れの前のキスはよくある話。

でも、お別れした後にキス、ってなかなかないですよね?

「バイバイ」と言って、彼が背を向けて歩きはじめたところを追いかけてキス。まるでドラマのようなシチュエーションに男性もキュンとすること間違いなし!

気を抜いていた分、彼の驚きは倍増するはず。喜んだ彼が「帰したくない……」と朝までコースになる場合もあるので、お気をつけて。

お泊りデートの朝に…

彼とすでに付き合っていてお泊りする関係であれば、彼が寝ぼけている寝起きにキスをしてみるものアリかもしれません。

「ベッドの中で寝ぼけていたら、彼女がふいにチュッとしてきたんです。
寝起きだったので、ぼんやりしている中のキスはなんだか幸せだな~と浸っちゃいました」(30歳男性/アパレル関係)

こちらもドラマなどではよく見かけますね!

寝起きのぼんやりしている、そんなときにキスをされたら、まだ夢の中にいるかのようで幸せな感情に浸ってしまうようです。

昨夜の幸せな時間を思い出すように、彼にキスしてみましょう!

ケンカの終わり際に…

ケンカの終わり際に…

じつはケンカをしたあとでも不意打ちキスは効果的なのです。

「話し合いの末、お互い納得がいき落ち着きはしたものの、なんだか気まずいムードで……こっちから謝るのもなんだかな~と思っていたら彼女からふいに『ごめんね』って言われて、キスされたことがります。
びっくりしましたが、キスで気まずい雰囲気がふきとび、いつも通りのラブラブモードになれました」(26歳男性/メーカー勤務)

ケンカをしたあと、仲直りはしたものの、なんだかギクシャクしてしまうときってありますよね。

どちらとも仲良くしたいのに、どちらも何も言いださない……。

そんなときに、不意にキスをして、「もう大丈夫だよ」という気持ちを伝えてみましょう。

気まずい雰囲気を吹き飛ばす不意打ちのキスは、2人の仲がより深まることにも一役買ってくれるはず……!

不意打ちキスはスパイス

予測不能の不意打ちキスは、2人の気持ちを高めるスパイスになってくれます。

言葉にはできない思いも、そのキスにのせてみましょう。

たとえば、彼の気持ちを昂ぶらせたい!と思ったときにはもちろんのこと、ちょっとマンネリだな……と思ったときなど。

2人の間に気だるい空気が流れ始めたときには、ぜひ不意打ちキスを試してみて。きっと彼のハートに火がつくはずです。

(愛カツ編集部)