結婚への道のりは「結婚したら、いい奥さんになりそう」と、相手に思ってもらえるかどうかで決まるのかもしれません。

仲のいいカップルを見ていると、お互いに励まし合って、ときには相手のために注意をしたりと、切磋琢磨できているようにも思います。

そこで今回は、結婚相手にいいかも!と思われる女性の特徴をまとめてみました。

男性が「いい奥さんになる」と感じるのはどんな人?

励まし上手

ひと昔前と違って、いまは共働きの夫婦が多くなりましたよね。

もはや男性並み、もしくはそれ以上にバリバリと仕事をこなしている女性も少なくないように思います。

仕事をバリバリこなしている女性は、男性にとっての仕事の苦労を分かってくれると、思うことも多いでしょう。

男性が「この人となら結婚できる……!」と思うのも、まさにこうした「2人で苦労を乗り越えていく姿勢」にあるのかもしれません。

とくにいい言葉がけができなくても、「まじめでやさしいから、それに救われている人もたくさんいると思うよ」と、あなたなりに感じる「彼の良さ」を言葉にしてみては。

たとえば彼が仕事で悩んだときでも、理解してくれる人が傍にいるとわかるだけで、彼は再びいつもの調子を取り戻すかもしれませんね。

相手を上手に受け入れる

どんなに素敵に見える相手も、付き合っていれば、多かれ少なかれ悪いところが見えてくるはず。

たとえば、しっかり者に見えた彼がだらしなかったとか、頼もしい印象の彼が思いのほか女々しかったなど。

だからといって相手の欠点を指摘してしまうと、2人の関係が冷え込む原因になりかねません。

もちろんお付き合いに致命的な欠点がある場合は考えものですが、受け入れることができる欠点であれば、受け入れるということも大切です。

相手の欠点をおおらかに捉えられると、彼はあなたの包容力に安心しそう。

誰かしら欠点はあって当たり前です。相手を許してあげる姿勢をどう取れるかが大事ですよね。

アメとムチを使い分け

アメとムチを使い分け

ご褒美をあげるタイミングがうまい女性は、彼に「ああ、俺って幸せ者だな……」と、前向きに結婚を感化できそう。

たとえば彼が落ち込んでいるときに、大好きな手料理をごちそうしてあげる、彼の好きなお菓子をプレゼントする、彼が欲しがっていたキャラクターグッツを買ってあげる、など。

彼がつらそうなときにどんな行動を取れるかで、彼の結婚意欲も大きく変わってくるでしょう。

反対に彼がだらしないときは、ビシッと相手を叱ってあげられる強さがあるかないかも、大きなポイントです。

アメとムチを使い分けられる女性は、彼を手のひらでうまく転がせられる女性です。

やさしくもたくましい一面を見せられると、あなたの株はグンと上がるはず……!

結婚を意識してもらうには…

結婚とは2人での共同作業です。

相手のことを深く理解し、受け入れることが大事になります。ときには相手をコントロールする必要もあるでしょう。

あなたがそういう存在だ!と思わせるために、ご紹介した3つのポイントを念入りに意識してみることで、彼に「結婚に向いているかも!」と意識させることができるはず!

そうすれば充実した付き合いができるだけではなく、幸せな結婚にもう一歩近づけるのではないでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)