「良かれと思ってやったことが裏目に出る」ほど、悲しいことはありません。

そしてたいていの場合、その失敗は本人が気づけないまま終わることが多いもの。

とくに恋愛については「裏目に出た」場合、気づいたときには連絡が途切れ、フェードアウトしてしまうもの。

そこで今回は、「気づかいのつもりで送っても、あまりいい結果にならない非モテLINE」をご紹介します。

気づかいのつもりが……モテない人が送りがちな「裏目」LINE

「大丈夫です!」

「最近知り合った女子が、コロナで暇だし家の模様替えをしたいと、ずっとLINEで話していて、自分も『模様替えもいいな』と思いました。
それで『車借りるから、一緒にインテリアショップ巡りしない?』と言ってみたら『悪いよ!大丈夫!』で会話終了……。なにをしたかったんですかね?」(29歳男性/販売)

謙虚に見せたいからか、男性の「〇〇しようか?」との申し出を『大丈夫!』とバッサリ断ってしまう人はいませんか?

「断ったのではなく、遠慮しただけ」と思っていても、男性は「断られた!」と感じています。

こちらが頼んでもないのに男性から「○○しようか?」と言ってくれているのに、その好意を受け取らないのは男性をがっかりさせます。

「もう一回言ってくれれば甘えられるのに……」は、男性には通じません。

「超長文」

「とにかく長いLINEが無理。圧がすごい。べつに長いからって丁寧とか、好意を感じるとかないので、テンポよく気軽に送ってほしい……。
あまり長文すぎると、読むのも返事も面倒くさくなってしまう」(23歳男性/学生)

「うん」「はい」のような超短文LINEは「脈なしかな?」と心配されることもありますが、文が長ければ好意が伝わるわけでもありません。

長文LINEは「モテなそう」なイメージに直結します。

普通の文章なら、文字数が多くても、読みやすく必要なことがコンパクトにまとまっていれば「長い」と感じません。

しかしLINEは「吹き出しデカ!長い!」と拒否反応を起こしてしまう男性も。

「丁寧に返さなきゃ」「感じよくしなきゃ」「共通の趣味を見つけなきゃ」などと考えすぎず、「1つ聞かれたら、1つ返す」シンプルLINEを心がけると、テンポ良く会話が進むはず。

「なんでもいいです!」

「なんでもいいです!」

「デート前の『どこ行きたい?』『なに食べたい?』の質問に「なんでもいいです!」って返ってくる悲しみ……。本当になんでもいいって思ってる女子っていないじゃん。
察するのは難しいし、毎回「なんでもいい」だと、デートが楽しみじゃないんだろうなと感じます」(26歳男性/不動産)

自分をうまく出せなかったり、「ワガママと思われたくない」「彼の負担にならないようにしてほしい」など……。

相手を気づかった「なんでもいいです」だとしても、思いやりが男性に伝わる可能性は低いかも。

なにが好みかもわからない相手に、ノーヒントで完全に丸投げ状態……という、「気をつかっているつもりで、むしろ相手を困らせる」最悪パターンになってしまいます。

しかも、そこで会話も終わってしまいがちなので、そこからデートの詳細が決まらず、アポが流れてしまう場合も。

なんでもいい、は男性を困らせるだけと覚えておきましょう。

非モテLINEは「希望を言わない」「話が分かりにくい」

男性が苦手とする「希望を言わない」「話が分かりにくい」LINEは、あなた自身への苦手意識につながってしまうことも。

相手のことを考えたつもりなのに、好感度が低い「逆効果LINE」。油断すると送ってしまいがちなので、注意が必要です!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)