気になる男性に気持ちを伝えるなら、あなたはどういった方法で告白しますか。

直接伝えたいという人もいれば、逆に直接は恥ずかしくて気持ちが伝えられないからと電話やLINEで伝える人もいるでしょう。

どういった形であれ、自分がしっかり思いを伝えることと、相手に喜んでもらえることが重要かもしれません。

そんな今回は「男性がうれしくなる告白の方法」を紹介します。

あなたはどのように伝える?男性がうれしくなる告白の方法

メールでの告白

「LINEでの告白は軽いなと感じる。ノリで言えちゃう、みたいな。でもショートメッセージで改まった感じで告白メールが届いたときは、もうニンマリでした。すごくうれしかったですね」(30歳男性/ホテルスタッフ)

彼のメールアドレス宛に、改まって「好きです」とメッセージを送る。

手紙の電子版とも言えるこのやり方に、誠意を感じるという意見がありました。

LINEを使った告白よりも、「好き」という本気度が感じられるようですね。

LINEでの告白

「告白されると思っていなかったからビックリ。LINEでいつも相談にのったり愚痴を聞いたりもしていたから、日常のなかでのサプライズって感じですかね。ちなみに、その告白LINEはスクショしてあって、たまに見てニヤけてます」(23歳男性/インストラクター)

彼との連絡をLINEで日常的に取っている人は、大半を占めるのではありませんか。

そんな身近なツールでの告白で交際に至った男性、驚いているようですが喜びのほうが大きそうです。

毎日使うツールだからこそ、日常のなかでのサプライズ感を感じるのでしょうね。

電話での告白

電話での告白

「電話で律儀に告白してくれるのって、うれしいですよ。メールとかでちゃっちゃと軽く済ませちゃう子が多いなかで、なんか奥ゆかしさを感じます。将来を考えて付き合えそうです」(30歳男性/ITエンジニア)

緊張して言葉に詰まったり声が震えてしまったり、電話での告白には、様々なミスも考えられます。

でも、それ以上に男性へは愛情が伝わるようです。

声が聴ける臨場感と誠意を込めた対応ということで、男性からのポイントは高いでしょう。

直接会っての告白

「大学の頃、かわいいなと思っていた子から『好きです』と言われたときは、嬉しさと恥ずかしさで体が熱くなりました。女子から直接告白されるシチュエーションって、男としては憧れというか……なによりも嬉しいことだと思いますよ」(25歳男性/公務員)

一番難易度の高い直接の告白。男性のロマンが詰まっているようです。

直接告白されてみたいと思っている男性は、案外多いのかもしれません。

「告白してもらえること」がうれしい

「告白してもらえること」そのものがうれしいことであるからこそ、その方法によっても受け取り方がさらに変わってくることが考えられます。

あなたは彼にどのように告白にして、ドキっとさせますか?

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

【ほかにも】言われたらうれしくなる、告白のときの「意外な一言」とは