「なぜか彼氏ができないな……」と思っているあなた。

もしかしたら彼氏ができない原因は、何気ない行動が「彼氏持ちっぽい」のかもしれません!

そんな自覚が全く無くても、意外なあなたの一面が「彼氏持ち」っぽさを出している可能性があります。

今一度、自分の行動を見直してみては?

その行動が縁を遠ざけてるかも?「彼氏持ち」と思われる行動3選

一人でいたがる

飲み会や皆でのお出かけが面倒に感じる人であっても、彼氏がほしい時期には少し頑張った方がいいかもしれません。

仕事が終わったらすぐに帰ってしまったり、休日をいつも一人で過ごしたりしている人。

見えないところでの生活をどうしているかなんて、周りは当然わからないものです。

たとえあなたは一人で過ごしていたとしても、周りはもしかしたら「デートでもしてるのかな」「彼氏と同棲してて、早く帰ってご飯作ってあげてるのかな」なんていう勘違いをしてるかもしれません。

たとえば、人と話してして「同居人が~」というぼやかした表現をすると、その人に彼氏と同棲していると勘違いされる可能性も。

疲れているのに無理に出かけたりする必要はありませんが、極端に人との交流を怠るのは、男性とのご縁を遠ざけてしまう原因になりかねません。

男性への警戒心がやや強い

男性からのボディタッチを嫌がる、男性にプライベートをあまり話したがらない、嫌いな男性が多いなど……。

男性との気軽な交友関係を持ちたがらない女性は、フリーでも「もしかしたら彼氏がいるのかも?」という風に思われてしまいます。

そもそも男性が嫌い、男性に対してトラウマがあるということであれば仕方がないでしょう。

しかし単に男性に慣れていない、遊んでいると思われたくない、という理由で男性を警戒しているのであれば、その状態から彼氏をゲットするのは難しいでしょう。

本気で彼氏がほしいのであれば、身近な人であってもまずは仲良く交流するところから始めましょう。

身近な相手と恋が始まるかもしれません。

スマホ依存や意味深な投稿が多い

スマホ依存や意味深な投稿が多い

SNSやLINEでの連絡をいつもしていたり、頻繁にLINEの通知音が鳴ったりしているあなた。

もしかしたら周りから「彼氏とLINEしてるのかな?」と思われているかもしれません。

女友達や、顔も本名も知らないネット友達との連絡が楽しいのはいいですが、皆といるときやご飯中などもずっとスマホを触っていると、周りから「話しかけちゃ悪いかな」と距離を置かれてしまいます。

また、SNSへの投稿も内容をしっかり考えないと危険でしょう。

公に向けた物ではない、特定の相手へのメッセージばかり投稿していると「もしかしたら彼氏宛てのメッセージなのかな」と勘違いさせてしまいます。

SNSで誰もが見られる状態で、個人的なやりとりを投稿するのは控えた方がいいでしょう。

明るく、素直に過ごそう

そんなつもりのない行動の数々が、彼氏持ちと勘違いさせてしまう原因になることもあるのです。

明るく嘘をつかずノリよくいれば、いいご縁があるかもしれません。

逆に「今はそんなに彼氏いらないな」と思ったら、あえて「彼氏持ちっぽい」行動を実践してもいいかもしれません。

(愛カツ編集部)