好きになった男性に、じつは彼女がいた……なんてことは、案外よくあることです。

そこで「じゃあダメだなあ」と諦める女性は多いでしょう。

しかし相手が結婚をしていないなら、きっぱりとすぐに諦めなくてもよいかもしれません。

いずれ来るチャンスに向けて、準備をしておくのも大事なはず。

今回は「彼女持ちの男性との距離を縮める方法」を紹介します。

すぐに諦めなくていいの?「彼女持ちの男性」との距離を縮める方法

その彼の彼女の話を聞く

「自分の彼女を褒められると気持ちいいよね。なんかいい子だなって思う」(28歳男性/不動産営業)

ちょっと聞くのは嫌かもしれませんが、彼女の話をいろいろ聞くのは役に立ちます。彼が好きなタイプも分かるでしょう。

そして、彼女と同じタイプを目指すのか、もしくは違うタイプを目指すのか、戦略を立てることができます。

もし彼が彼女に少し不満を持っているならば、あえて彼女と違うタイプを目指してアプローチしてもいいでしょう。

彼女のことが大好きなら……難しいかもしれませんが、彼女と同タイプを目指してみるのもありです。

彼自身の話を聞く

「たまに彼女の愚痴を言いたくなることがあるんですよね。彼女にも言えないことがあるし」(25歳男性/ITエンジニア)

「彼女は基本しゃべりっぱなしだから、たまには俺の話を聞いてほしいって思うことがあります」(28歳男性/広告代理店ディレクター)

彼がいくらいまの彼女と仲がよかったとしても、彼女には言えないことだってありますし、愚痴の一つも言いたくなります。

もしくはいまの彼女がおしゃべり好きな場合、彼は自分の話を誰かに聞いてもらいたいと強く感じているかもしれませんね。

彼にあなたの存在を、しっかり植えつけましょう。

癒やせる存在になる

癒やせる存在になる

「彼女と長く一緒にいると、いろいろ揉めることもあるよね。そんなときに話を聞いてもらえるだけでうれしい、案外コロっといくこともあるのかな」(28歳男性/看護師)

「彼女にこき使われているからなぁ。たまには癒やされたいですよ」(31歳男性/弁護士)

彼氏彼女の関係が長くつづくと、癒やしを与えるもしくは与えられるということが、少なくなることもあるようです。

そんなときに男性に対して癒やしを与えられると、好印象を持ってもらえるでしょう。

長期戦を覚悟して

彼女持ちの男性へのアプローチ方法をお伝えしましたが、いずれにしても焦りは禁物。

そして必ずしも成功するとは限らないので、粘り強くアプローチしましょう。

強引なアプローチで、ガツガツ奪いに行くようなことは逆効果なので、長期戦覚悟で取り組んでくださいね。

(愛カツ編集部)