顔のつくりは普通だけど、多くの男性から「かわいい」と思われる女性っていますよね。

そんな女性たちは、顔立ちが整っていること以上にかわいいと思われる要素を持っていることが多いです。

たとえば愛嬌があったり肌がきれいだったり、髪の毛がサラサラだったりするなど……。

完璧な美人よりも親しみやすくて、かわいいと思われる「雰囲気美人」になれるテクニックをご紹介します。

特別な美人じゃなくても「かわいい」と思われるテクニック3選

素直な性格

やはり、裏表のない素直な姿は、最強です。

「涙は女の武器」という言葉もありますが、あざとい涙や、わざとらしい涙には男性も意外と気づくもの。

悪いと思ったときはごまかすのではなくすぐに謝るなど、素直な姿勢を見せていきましょう。

愛嬌のある笑顔

「飲み会の席で、僕の話に『なにそれ、面白いね~』と腹を抱えて笑ってくれました。気を遣ってくれたのかもですが、その笑顔が嬉しかったし、本当に可愛いと思いました」(25歳 医療機関勤務)

明るく笑ってくれる女性って、可愛らしく感じられるもの。

雰囲気美人は、「人懐っこさ」と「笑顔」でできているのかもしれませんね。

自分になにが似合うかわかっている

雰囲気美人だと思われる人ほど、おしゃれには気を抜かないように努力しているもの。

そして、少しでも自分に似合うものを選んで、可愛さをアップさせようとしているし、肌や髪のお手入れも美人には負けまいと頑張るのです。

努力している雰囲気美人さんはそれだけで魅力的でしょう。

お手入れを続ける努力をしている雰囲気美人さんの方が5年後、10年後に必ず差がつきますよ。

雰囲気美人で愛され美人に♡

誰しもが、「産まれながらの美人になれていれば人生苦労はしないのに……」と思っていることでしょう。

客観的に見た美人は生まれついた容姿が影響しますが、それぞれの人の主観に頼る雰囲気美人や可愛さはいくらでも作れるのです!

もし、美人なのに全然モテない!とか、美人じゃないけどモテたい、と悩んでいるなら、雰囲気美人を目指して方向転換してみることをオススメします。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)